俳優の織田裕二(54)中井美穂フリーアナウンサー(57)がメインキャスターを務めた『世界陸上オレゴン』(TBS系)。

 13回連続でコンビを組む2人の安定感は抜群だったが、織田の時代遅れ感、古びた価値観と表現が耳に残る大会になった。

「顔見て、同じアフリカと思えない」

 サニブラウン選手が、男子100mで日本人として初めて決勝に進出し7位に入賞した際。感想を求められた織田は、

「男の中の男だと思います」

 と言いきった。

 織田は、「男」という表現が好きなようで、男子走高跳で、カタールの選手と韓国の選手が競り合っている際にも、こう言い放ったのだ。

「どっちも男ですよね」

 アメリカの選手については、

「とんでもない男に育っていると思いますよ」

「とんでもない選手」で十分な表現に「男」をぶち込む織田の言語センス。

 女子選手の活躍については、

「女の中の女」とは言わないし「どっちも女ですよね」とたたえたりしない。

 冷や冷やする発言もあった。

 男子3000m障害決勝の際、織田と中井の後ろには、有力選手2人の写真とプロフィールが映し出されていた。ケニアとモロッコの選手を見比べて織田は、

「顔見て、同じアフリカと思えないほど違うでしょう」

 アフリカの人は同じ顔、という偏った理解が刷り込まれているとしか思えない、織田のコメント。「同じヨーロッパとは思えないほど違うでしょう」と言うのだろうか。

 女子1500m決勝でケニアの選手が世界記録ペースで金メダルを獲得した際には、織田は贔屓の選手の名前を出し、

「世界記録を出さないでと願っていました」

 とテレビとは思えない偏向発言を堂々と言い放った。さらに「(世界記録が)出てほしいけど出てほしくない気持ちをくんでいただいてありがとうございます」と、金メダルを獲得した選手の名前まで出し、洒落にもならない歪んだ感謝の言葉を伝えたのだ。呆れるしかない。

 女子三段跳の選手に対しては「かわいいです」と男性目線丸出し。やり投げの選手については「日本人(選手)の2人が若い。あとはおねえさんばかり」と、選手と言わずに“おねえさん”と表現するセンス。

 女子3000m障害のアメリカの選手に対しては、

「きれいと3000m障害というギャップのすごさ、たまらない魅了です」

 いやはや、である。