「私、昨日離婚したんですけど、引き続き仕事も頑張ってまいります」

 7月27日、“ゆうこりん”こと小倉優子が離婚を発表した。3児のシングルマザーになった彼女は翌日、曜日レギュラーを務める『ポップUP!』(フジテレビ系)に出演。共演者から話題を振られると笑顔で答え、落ち込んでいる様子は見せなかった。

 小倉にとって今回は2度目の離婚。結婚生活に恵まれたとは言い難い。

「2011年にカリスマ美容師の男性と結婚しましたが、第2子妊娠中に男性の不倫疑惑が取り沙汰され、2017年3月に離婚。翌年12月には歯科医の男性と“スピード再婚”して2020年3月に妊娠を発表しましたが、直後に前年末から別居状態であることが報じられました」(スポーツ紙記者)

 私生活では困難続きの小倉だが、高校2年生でデビューしてから20年以上も芸能界を生き抜いており、タレントとしての仕事は絶えない。

おバカキャラから知的な女性へ

「今年2月からはTBS系の『100%アピールちゃん』の企画で、早稲田大学の合格を目指して受験勉強を始めました。カフェで勉強する姿が目撃されていて、かなり本気で取り組んでいるみたいですね」(テレビ誌ライター)

 自分の大学受験を半年後に控え、子どもたちも手のかかるお年頃。小倉は以前から関係修復を希望していた、ともいわれていた中、このタイミングで離婚を決断したのはなぜなのか─。

 芸能レポーターの川内天子さんに話を聞いた。

“準備が整った”ということに尽きるでしょう。最近の小倉さんは、テレビ番組で“財テク”知識を披露し、難関大学受験に挑戦するなど、おバカキャラを脱却した知的な女性としてのイメージが定着しつつあるんです」

 小倉は自分をプロデュースする能力が高く、“キャラ変”はお手のものなのだ。