お笑いコンビ・TKOの木本武宏(51)が、所属事務所の松竹芸能を退所した。

 原因は投資活動をめぐるトラブル。後輩芸人などに投資話を持ちかけ、一時は利益も生んでいたものの、最近、数億円単位の損害が生じてしまったという。レギュラー番組を降板するなどした木本は、

《必ず近日中に事の経緯をきちんと説明させて頂く所存です》

 と、ツイッターでコメント。所属事務所は本人が被害者でもある可能性を踏まえつつ、退所希望を受け入れたとした。TKOといえば、相方の木下隆行(50)も2年前、不祥事で退所。こちらは後輩芸人へのパワハラだ。

木下と木本の騒動は似ている

 ただ、同じころ、木本は「いいひと」キャラで株を上げていた。NHKの朝ドラ『スカーレット』にヒロインの友人役で登場。信楽太郎の名で訥々と歌った関西弁のバラード『さいなら』がファンのあいだで絶賛されるなどした。

 その縁で、この4月には信楽高原鐵道のPR動画に主演。元キングオブコメディの役者・今野浩喜がそうであるように、不祥事で相方がいなくなってもなんとかやっていけそうに見えていたのだが──。

 実は木下と木本の騒動は似ている。どちらも人間同士の「密」な距離感を好むスタンスが背景にあるからだ。

 木下のパワハラには、角界で兄弟子がやる「可愛がり」みたいなふしも感じられた。木本も悪気なく投資をすすめていたようにも見えるが、損害を埋めるためにさらなる投資を迫っていたというのが事実なら、後輩芸人にとってはそれもパワハラだろう。