『スーパーマリオ』や『ポケットモンスター』と並んで世界的に人気を集めているゲーム『ファイナルファンタジー(以下、FF)』。この名作を題材にした新作歌舞伎が、'23年春に上演されることになった。

「『FF』シリーズは、武器や魔法を駆使して仲間とともに冒険する“ロールプレーイング”といわれるジャンルのゲーム。今回、歌舞伎化される『FFX』は'01年に発売された大ヒット作。壮大で繊密なストーリーは今なお“泣けるゲーム”の筆頭に挙げられています」(ゲームクリエイター)

 FF歌舞伎の企画者は梨園の名門『音羽屋』の名跡を継ぐ尾上菊之助。7月19日の発表に合わせて本人も熱い意気込みを語っている。

あの人気ゲーム『ファイナルファンタジー』も新作歌舞伎化される(ツイッターより)

マンガは以前から上映されていた

《相互の文化をつなぐ新しい架け橋にしていきたいと思い、「新作歌舞伎ファイナルファンタジーX」を企画いたしました。(中略)このような時代だからこそ、見て頂きたい心に響くストーリーです。ぜひ劇場にお越しください》

 ゲームを題材にした歌舞伎は初めてだが、マンガに関しては以前から上演されている。

「'15年に少年ジャンプの人気漫画『ワンピース』が歌舞伎になったのが最初ですね。'18年にも同じく少年ジャンプの『NARUTO』、'22年初頭には、お笑い芸人キングコングの西野亮廣さんが手がけた絵本『えんとつ町のプペル』が市川海老蔵さん主演で歌舞伎化されました」(スポーツ紙記者)

'15年から'18年までの上演で動員数は30万人を超えたというワンピース歌舞伎

 菊之助も、'19年にスタジオジブリのアニメ映画『風の谷のナウシカ』を歌舞伎化し、先日まで歌舞伎座で行われていた『七月大歌舞伎』でも公演するなど、革新的な取り組みを続けている。

「歌舞伎はお客さんに見てもらって成り立つものですから、話題作りは必須。若いファンが歌舞伎を見ることで新しい層の開拓も期待できますし、古典歌舞伎の世界では活躍できないような立場の弱い若手役者でも大きい役を任されるチャンスにつながります」(20代の歌舞伎ファン)