芸能界でも近年入れ替わりの激しいのがバラエティー界。中でも女子は、ベテランや第7世代と呼ばれる若手お笑い芸人のみならず、モデルやグラビア界、アイドル出身や女優組など群雄割拠。ジャンルが入り乱れて生き残りをかけたバトルを繰り広げている。いまバラエティー界ではどんな女子が支持をされ、逆に敬遠されているのか? 一般女性900人へのアンケートから、好き&嫌いなバラエティー女子トップ10をランキングで紹介!

「実は頭がいい人」なのは?

 好きなバラエティー女子で見事1位に輝いたのは、「嫌味がない」「自然体なのがいい」と幅広い世代から多くの支持を得た、いとうあさこ。「芸人になりたくて家出をしたという気持ちの真っ直ぐさが好きです」(57歳・大阪)、「気取ってないしギラギラしていないのがいい。同世代なので、一緒に飲みに行ったら楽しそう」(49歳・三重)。『イッテQ!』のコーナーに出てくる芸人の中でいちばん面白いし、楽しそうにロケをしている感じが伝わってくる」(53歳・宮崎)

 お嬢様学校の雙葉高等学校を卒業するなど、育ちのよさからなのか、下品なことをやっても品を感じるという意見もあり、派手さはないが高い好感度につながった。 

いとうあさこ

 2位にはモデルとしても活躍し、7月4日に一般男性との結婚を発表した滝沢カレン。「以前、共演者に四文字熟語であだ名をつけていたけど、そのワードセンスが見事すぎて爆笑した」(48歳・東京)、「素直で嫌味のない感じがするし、どこか人間離れしている感性が面白いと思う」(63歳・秋田)、「最初は単なるお不思議ちゃんキャラなのかと思っていたけど、言い回しが独特なだけで、実は頭がいい人だと思った」(21歳・大阪)。

滝沢カレン

 いとうには2倍近く票を離されたが、どこか憎めない天然キャラは根強い人気に。

 トップに輝いたいとうの飲み仲間でもある大久保佳代子が3位。「どこまでその人をいじっていいか、その境界線をわかってトークしている。面白い話を引き出すのが上手」(47歳・神奈川)、「下ネタにもどこかインテリジェンスを感じる」(48歳・福島)、「歯に衣着せぬ言動で女を捨てている部分もあるが、それが妙に色っぽく感じる時がある」(51歳・長野)。ハードな温泉旅など身体を張ったロケをいまでも数多くこなし、いまや各局の番組に引っ張りだこだ。

 4位にはギャル枠から“みちょぱ”こと池田美憂がランクイン。「初めは単なるいまどきのギャルタレントかと思っていましたが、きちんとした考えを持っているのを見て好感度が上がった」(54歳・東京)、「美人で媚びないところが好き」(39歳・奈良)、「朝の情報番組とかでちゃんと自分の意見が言えてて、実は頭いいんだろうなと感心した」(38歳・鹿児島)

みちょぱこと池田美優

 モデルにタレントだけではなく、最近では情報番組のコメンテーターまでこなす意外な(?)マルチっぷりを発揮しているのも好感度につながっているかもしれない。