元五輪フィギュアスケーター・安藤美姫の“発言”がまたもや物議を呼んでいる。

 ことの発端は8月1日に《朝からごめんなさい》との絵文字付きで投稿した、自身のインスタグラム・ストーリーズ。何でも、立ち寄ったコーヒーチェーン店『スターバックス』でドリンクをオーダーしたものの、店員の接客対応に不満を覚えたよう。

《いや あのね スタバ大好きだから あえて言いたい…》と前置きした安藤は、“ベンティサイズ”をオーダーしたものの、手渡されたカップに入ったミルクの量の少なさに納得できずに、《もぅ少しミルク足してください》と頼んだようだが、

《“温めたミルクもうなくなっちゃったんですよ~~~”“エクストラホットだとこうなっちゃうんですよね~~~”って意味不明な回答が返ってきたよ… しかも語尾伸ばして話すタイプの人》

 とのスタバ店員とのやりとりの一部始終を、《いい気持ちではないよね…》とSNSにぶち撒けたわけだ。この投稿を『スポニチ』が拾ってニュースにすると、瞬く間にコメント欄は溢れ、さらにネット上に拡散されると賛否を含めた様々な意見が飛び交うことに。

安藤に賛同する声も多いが

 ネットトラブルに詳しいITライターが読み解く。

「真実のところは安藤さんと店員さんにしかわからないのですが、自身も身に覚えがあるユーザーも多いのか、“店員の対応に問題あり”と彼女を擁護する声も多く見受けられます。中にはスタッフ経験者なのか、安藤さんが添えたコーヒー画像を見て専門的なコメントを寄せる人も」

 何でも、安藤が「少ない」と指摘したのはスチームミルクのことで、本来は規定量が決められている模様。ところが、エクストラホットで注文すると“泡”が蒸発しやすいために量が減って見えてしまい、店員の経験と腕によって差が出る場合があるのだとか。よって、スチームミルクだけを追加することができないために、指摘があれば最初から作り直す必要があるとのこと。

 もちろん、真偽の程は定かではないが、安藤のケースで担当店員が言ったとされる《エクストラホットだとこうなっちゃうんですよね~~~》は、“失敗”してしまったことへの弁明だったのかもしれない。片や、安藤にも非があるともーー。

安易にSNSに“晒す”のではなく、まずは他のスタッフや店長、また本部なりに連絡するなどのスマートな手段を取るべきだった、と。気持ちはわからないではないですが、世間への影響力も大きい安藤さんだけに、企業名も出して一方的に不満を発信したのは少々安直的な行為と見られてしまった」(前出・ライター、以下同)