熱中症対策でエアコンの利用が推奨される一方、電気代の値上がりが家計を直撃……。そんな今夏を乗り切る注目のクールアイテムは? 家電のプロ3人に、トレンドを聞いた。

携帯できて節電も叶えるアイテムが飛び売れ

 まずは、熱中症対策として定番化した“首掛け”グッズ。身体を効率的に冷やすため、首周りを冷却するアイテムへの注目が高まり、街で見かけない日がないほどに。

「コロナ禍が続き、マスクで顔が蒸れるというのも売れた理由」(サンコー・﨏さん)

 さらに、酷暑で外でも家でも涼しく快適にという需要も。

手軽に“涼”を感じられるグッズが飛ぶように売れました。小型扇風機など屋内外で使えるものも人気。アウトドアブームも後押ししています」(ヤマダデンキ・高山さん)

「エアコンを効率よく使うためのアイテムが求められている」と家電プロレビュアーの石井さんは指摘。電気代節約のため、エアコンの設定温度を下げずとも、個々が涼を感じられるものがヒット。

今年大注目の涼アイテムはフェイス周り!

“どこでもひんやり&節電”が今夏のキーワード。まだまだ暑い夏後半に向け、今からでも欲しくなるアイテムをセレクト!

今夏一大ブームを起こした暑さ対策の新定番

クールネック(DAISO/1100円)

今夏一大ブームを起こした暑さ対策の新定番、クールネック(DAISO/1100円)

 冷蔵庫や流水で冷やせば24度以下で自然凍結。繰り返し使え、結露しない。同様の商品も巷にあふれているが、コスパのよさでダイソーのこの商品が品薄に。

マスク内の蒸れを解消する専用小型扇風機

■マスクエアーファン(DAISO/550円)

クリップで簡単に着脱が可能なマスクエアーファン(DAISO/550円)

 マスクに直接取り付け、マスク内の空気を循環させる小型ファン。約22gの軽量設計で目立ちにくく、クリップで簡単に着脱が可能。充電用ケーブルと持ち運び用の巾着付き。

小型冷蔵庫と同じ冷却方式で体感温度-17℃

■ネッククーラーSlim(サンコー/6480円)

電源を入れると約2秒で冷却するネッククーラーSlim(サンコー/6480円)

 電源を入れると約2秒で冷却。強弱ゆらぎモードの3段階で冷たさを持続する。コンパクトに畳め、持ち運びも便利。「4月に発売し累計11.5万台以上を売り上げています」(﨏さん)