《やるからには120%で憲二(主人公)を生きようと思って撮影に臨みました》

 7月26日、役柄と同じくワイルドなヒゲ姿で、主演映画『とべない風船』の舞台挨拶に登壇した東出昌大。

「'18年に発生した西日本豪雨による土砂災害をテーマに、オール広島ロケで製作された意欲作です。東出さんは災害で家族を失ったことで心を閉ざす漁師役を演じています。世界の賞レースを総ナメにした映画『ドライブ・マイ・カー』での好演も光った、三浦透子さん演じる人生に迷った元教師との心の交流を描いたヒューマンドラマです」(スポーツ紙記者)

演者さんを色眼鏡で観てしまい……

 災害の風化に警鐘を鳴らすことがテーマということもあり、ロケが行われた広島のメディアでは早くも大々的に取り上げられているが、違う意味でも注目を集めている。

昨年10月、コロナ禍にもかかわらずロケ先の広島県呉市のホテルに恋人を呼び寄せていたことが『週刊文春』で報じられたことで、東出さんは以前所属していた事務所を解雇されました。解雇の原因となった“ロケ同伴愛”が行われたのが、この映画なんですよ」(芸能プロ関係者)

今年5月に群馬県内で行われた朗読劇のにひとりで会場入りした東出昌大

 独立後初の主演映画となるだけに、東出は監督とともに西日本豪雨の被災地を巡って復興の歩みについて学ぶなど、PR活動に熱心に取り組んでいるが……。

「唐田えりかさんとの不倫報道に懲りず、仕事先に恋人を連れ込んでいた東出さんに嫌悪感を示す人が多いようで、ネット上でも厳しい声が相次いでいます」(ネットニュース編集者)

 舞台挨拶を取り上げた記事のコメント欄には、

《演者さんを色眼鏡で観てしまい、肝心の内容が薄れないか心配です》

 といった意見が目立っていた。東出の好感度の低さから同映画の、あるプロジェクトも苦戦を強いられている。