4月20日に東京で開幕した『羽生結弦展2022』。富山、新潟、名古屋で行われ、次は8月10日から大阪で開催される。

“9歳の自分が跳べと言っていた”

「読売新聞社が主催しており、羽生結弦選手の軌跡をたどる写真や衣装、メダルなどが展示されています。全国6か所を巡る同展の最後は羽生選手の地元・仙台で開催されます。プロ転向を発表したことで“これまでとは違ったおもむきが感じられる”と、ファンの熱量も増した様子。販売されている展覧会限定のグッズをコンプリートして購入する人もいるようです」(イベント関係者)

 羽生の競技者人生の中で最も印象深い出来事のひとつが、今年2月の北京五輪での4回転アクセルへの挑戦だろう。

「2月10日に行われたフリースケーティング『天と地と』の最初のジャンプで4回転アクセルに挑みました。回転不足という判定にはなってしまいましたが、史上初めて国際スケート連盟に“4回転アクセル”として認定されました。それでも、転倒してしまったこともあり、羽生選手は“報われない努力だったかもしれない”と話していました」(スポーツ紙記者)

 競技から4日後に行われた記者会見で、羽生の口から語られたのは“9歳の自分”という言葉だった。

「4回転アクセルに挑戦し続けていたのは“9歳の自分が跳べと言っていた”からだというのです。当時のコーチであった都築章一郎さんが“アクセルは王様のジャンプ”だと話したことをきっかけに、目指し続けていたのです」(同・スポーツ紙記者)