“あなたの話だけでは信用できない”

検察庁は五ノ井さんのセクハラ被害について不起訴と判断した
【写真】告発した22歳元自衛官の素顔、先輩自衛官に助けを求めるLINE

「口止めがあったと思います。まずは内部での聞き取りの上、自衛隊の秩序を守る部署である『警務隊』に問題があがりました。

 警務隊は『強制わいせつ』で書類送検をしてくれたので、私はそのまま検察庁に被害届けを出し、それが受理され、審議となりました」

 しかし、検察庁の回答は厳しかった。

「検察庁では“五ノ井さんの証言は真実だと思うけれども、目撃者全員が見ていないと証言する中、あなたの話だけでは信用できない”と言われました。

 結局、検察庁は不起訴と判断したので、今は異議申し立てをして結果待ちです。でも、やはり不起訴は変わらない可能性もあるので、自分からとにかく発信しようと思ったんです。

 現在所属している人たちはもちろんですが、今までのセクハラで辞めてしまった人の想いも汲んでほしい。現在、過去含めて再調査をしてほしいというのが私の願いです」 

 五ノ井さんが所属していた郡山駐屯地に問い合わせると、

「今回の件の再調査を行っています。具体的な進捗や予定については答えられないが、加害者とされる者には再度、事実確認を行っている」

 とのことだった。

 こうした声に、自衛隊が真摯に立ち向かう日は来るだろうか。 

◆   ◆   ◆

 五ノ井さんの勇気ある行動で、国をどこまで動かせるのか。『週刊女性PRIME』もその後押しをしていきたい。