タレント・小島瑠璃子が8月8日、自身のTwitterで「中国での活動を見据え、来年から中国の大学に留学します」と発表。以前より中国進出のウワサが流れていた小島だが、「やはり日本でイメージダウンしたことも影響したとみられる」(スポーツ紙記者)ようだ。

 2009年の「ホリプロタレントスカウトキャラバン」でグランプリを受賞し、タレントデビューした小島。これまで、バラエティ番組だけでなくスポーツ番組、また、情報番組や選挙関連の番組など幅広く出演してきて、一時は“こじるり無双”と呼ばれるほどの活躍ぶりをみせていた。

二股、不倫略奪疑惑で「泥沼じゃん」

「一方、私生活では17年10月27日発売の『フライデー』(講談社)で関ジャニ∞・村上信五との“お泊まり愛”を報じられ、双方とも交際を否定していたものの、小島は一部ジャニーズファンから警戒されることに。その後、19年2月1日に発売の同誌でも村上との“カラオケ密会”を伝えられた小島でしたが、20年8月3日には『週刊ポスト』(小学館)の報道により、人気漫画『キングダム』(集英社)の作者・原泰久氏との交際が判明しました」(テレビ局関係者)

 同報道後、小島は当時出演していたラジオ番組『さまぁ〜ず三村マサカズと小島瑠璃子のみむこじラジオ!』(ニッポン放送)で、原氏との関係を三村に確認される形で「もう、その通りです」と交際を認めていた。

 なお、漫画ファンの間では、原氏が既婚者であったことや、13年にTwitterで第3子誕生の報告をしていたことも知られていただけに、小島の“不倫略奪説”が浮上。この疑惑に対し、「ポスト」報道後の20年8月25日、「週刊女性」には原氏の家族による“小島との交際は離婚後の話”といった証言が掲載されたが……。

 同月27日発売の「週刊文春」(文藝春秋)によって、原氏が18年頃から交際していたという元アイドル・Aさんの存在が発覚。原氏とAさんは不倫関係にあったわけだが、同氏は離婚しても彼女と一緒にならず、小島との交際が公に。

 この報道から、原氏がAさんと小島に二股をかけていた可能性や、小島がAさんから略奪した可能性も浮かび上がり、「泥沼じゃん」とドン引きするネットユーザーも散見された。

 その後、原氏自身も20年9月3日付のTwitterで「私は今年の3月に離婚致しました」と離婚時期を公表し、「私の不誠実な行いのせいで、周りの人を傷つけてしまったことを、重く受け止め、深く反省しております」などとコメントしたが、元妻と小島、また報道されたAさんとの交際が“重なっていた時期があるのか”は説明していない。