妻は20歳、夫は47歳。その年の差“27歳”の夫婦が、TikTok(@_mitutomo_)でフォロワー30万人以上を獲得する“ともえとみっちゃん”です。

当記事は『女子SPA!』(運営:扶桑社)の提供記事です

 ツイッター(@_tomoe_0722)やインスタグラム(@_tomoe_0722)の発信にもさまざまな反響があり、2022年6月、仲むつまじいツーショット写真と共に「恋愛に年の差なんて関係ないぞ!嫁20歳、主人47歳らぶらぶです」というツイートには、2人の“年の差婚“に対する賛否両論の声が寄せられていました。

 それでもなお、笑顔で日常を報告し続ける2人。夫婦のなれそめ、リアルとネットの双方で受けた“年の差婚”に対する意見への思いなどを聞きました。

リモートで取材を受けてくれたお二人

ともえさんのお母さんと“同い年”

――お2人はそもそも、どういった経緯で出会ったのでしょうか?

ともえ:高校時代に大阪でアイドルグループへ所属していて、主人はグループを追いかけているファンだったんです。ですから、出会いはアイドルのライブでした。

みっちゃん:当時はいろんなアイドルのライブ会場へ通っていて、そのうちの一つのグループの候補生として妻が入ってきたんです。一目惚れでしたね。ファンの僕らへの対応もいいし、顔も好みだったので、握手会などの接触イベントも妻と会うのを目的に通って、ライブ配信でも“アイドルとオタク”の関係のまま、コメントを介して交流を図っていました。

――実際にお付き合いが始まるまでの流れは?

ともえ:主人が私を好きなのはもちろん知っていましたけど、私から「好き」と告白したのは2019年5月でした。でも、正式に付き合い始めたのは私の両親に挨拶へ行った2019年10月です。高校3年生でアイドルを辞めてからでした。もともと、実際に交際するのはアイドルを卒業してからと決めていたんです。

――その後、交際11ヶ月で結婚。ともえさんのお母さんとみっちゃんさんは同い年だそうですね。

ともえ:交際を申し込んだとき、両親はビックリしていましたね。でも、お母さんは私が小さい頃から「ともえが決めた人ならどんな人でも賛成するよ」と言ってくれていたので、動揺しつつも受け入れてくれました。

みっちゃん:最初に「交際させてください」とお願いしたときに、お義母さんから「結婚する気はあるんですか?」といきなり聞かれたんですよ。その場で、驚いて「大丈夫なんですか!?」と聞き返しましたね。でも、結婚できるのであれば、僕もきちんと受け入れる覚悟はありましたから。妻の高校卒業後、僕の住んでいる大分県で同棲を始めて、2020年4月に婚姻届を提出しました。