《自分の推しが出てないファンの方にも見てほしかった》

 8月14日、終戦記念日の前日となる日に、ジャニーズの人気グループ4人が戦争体験者から話を聞いたドキュメンタリー番組『僕たちは戦争を知らない ~1945年を生きた子どもたち~』(テレビ朝日系)が放送された。

 戦争の悲惨さと平和への思いを伝え続けた故ジャニー喜多川さん(享年87)の遺志を受け継ぐべく、今回選ばれたのはジャニーズ事務所の若手4人。

バラエティーとは違う一面を見せた4人

 この番組で、戦争を体験した証言者の声を聞くため、全国各地を訪ねたのは、菊池風磨(Sexy Zone・27)、中間淳太(ジャニーズWEST・34)、松村北斗(SixTONES・27)、阿部亮平(Snow Man・28)だ。

『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)でレギュラーの中間は、ディズニーやファッションに強く、メンバーの中では最年長ながら、いじられ役。そんな彼が訪れた先は、国内唯一の地上戦の地となった沖縄だ。

 過酷な状況の下、従軍看護助手として働いた女性に取材し、野戦病院として使われていた洞窟へと訪れる。洞窟の中で「心までも死んでいきそうな気がする」と口にし、ショックのあまり、その場に座り込んでしまった中間の姿に共感する声がSNS上でも散見された。

 松村は原爆が投下された長崎を訪れ、「実際に77年間生きてきた方々の心の内側だったり、人生、人の思いをもっともっと知るべきだと思いました」と語り、菊池は危険な任務についた男性と戦争孤児となった女性に取材。「人の心を失くしてしまう、それをもたらす戦争はすごく悲惨なものだなと。だからこそ、とにかく知ることだと思います」と語った。

 ジャニーズで初めて大学院を修了したSnow Man・阿部は故ジャニー喜多川さんが第2次世界大戦時の疎開先であった和歌山を訪れ、爆弾に家族を焼かれた男性から話を聞き、保管されていた爆弾の破片を手にし、絶句。その姿に心を打たれた視聴者もいただろう。

 普段のバラエティー番組や音楽番組では見せていない4人の真摯な姿勢には、それぞれのファンだけでなく、たまたまこの番組を目にしたという視聴者からも、称賛の声が上がっていた。