「長年、一緒に暮らしていたし、ハウスクリーニングの仕事も一緒にやっていた仲のいい兄弟だったのに。こんな凄惨な事件になるとは……」

 近所の住民は焼け焦げた一戸建てを見ながら、そうつぶやいた。

 15日午前3時44分ごろ、千葉県君津市の民家から、1本の119番通報があった。

「刃物で刺された!」

 救急車とパトカーが駆けつけると、世帯主のAさん(43)、その弟の坂上卓さん(40)、Aさんの長男(22)、次男(15)の4人が血まみれ状態だった。通報したのは、Aさんの妻(40)。

 卓さんは首周辺に傷を負っていたが、血のついた包丁を手にしていたという。4人はすぐさま病院に搬送されたが、卓さんは死亡。Aさんとその長男、次男は重傷だったが、命に別状はないようだ。

 それと同時に、火事も起きていた。彼らは10人で暮らす大家族。事件に巻き込まれた4人のほか、Aさんの妻と三男、長女、次女、三女と 祖父(Aさん兄弟の父)の計10人が同居していて、

「4時ごろ気づいたが、2階の窓からものすごい煙があがっていたね。ふと見ると、家の横の道路に子ども2人がうずくまっていて、Aさんの奥さんがその背中をしきりにさすっていた」(近所の別の住民)

「元教会」の一軒家は火事で屋根が焼け落ちている

 事件当日は午前0時ごろから、家の中から怒鳴り声が響いていて、家族間で何かしらの揉め事があったようだ。この一連の殺傷と火事の原因はいまのところ不明で、千葉県警君津署の捜査が続いている。

「現在までのところ、外部からの侵入者による犯行説は出ていません。兄弟間で口論があって、弟の卓さんがAさんを刺して、それを止めようとした子ども2人が巻き添えになったというのが大方の見方ですが、事件の全貌はいまだにわかっていません」(全国紙社会部記者)

“金銭問題が根底にあるはず”と話すのは、冒頭の住民だ。

外車、レクサス、ドーベルマン

「この大家族が一軒家を購入して引っ越してきたのは、約18年前。Aさんと卓さんがハウスクリーニングの下請け業を一緒にやっていた。そこまで儲かってないような感じだったけど、Aさんはイカつい外車、奥さんもレクサスに乗っていたね。でも、なぜか弟の卓さんは軽自動車で……。

 犬も以前は2頭のドーベルマンを飼っていたし、いまもボルゾイを2頭。どちらも高額な犬だからね。」

 ところが昨年、Aさんが脳血栓で倒れて大家族の家計は一変する。Aさんと卓さんはともに仕事を失って、現在に至っているという。