矢吹本人は≪脱がされても、何が起こってもいいように≫マイクを外し、そのシーンを演じきったといい、「日刊スポーツ」のインタビューでは≪クスリに溺れているわけですから、セックスを求める気持ちが強くなるんじゃないか。いろいろ悩んだんですけど…キレイに撮ってくださって、とても好きなシーンになりました≫とも述べているが、「俳優側が苦痛を感じる可能性のある演出」(同・前)と言っていいだろう。

「ハラスメント監督じゃん」の声

「今年3月、『週刊文春』(文藝春秋)が、榊英雄監督の性行為強要問題を報じて以降、監督や俳優、映画プロデューサーといった日本映画界の著名人たちの性加害問題が次々に発覚。同時に現場のハラスメント問題も明るみに出ました。

 そんな中、性的なシーンの撮影で、俳優が身体的、精神的に苦痛を感じることが珍しくないということも浮き彫りになり、『インティマシー・コーディネーター』――監督やプロデューサーと俳優の間に入り、意見の調整を行い、俳優の心身をサポートする専門家の存在が注目を浴びるようになったんです。

『日本で一番悪い奴ら』の撮影時は、まだこうした配慮の必要性が映画業界に浸透していなかったかもしれませんが、監督が相手役の了承も得ないまま、だまし討ちのように濡れ場シーンを撮影するのは、一般人からすると『あり得ない』と感じるのでは。ちなみに白石監督は、トークイベントで≪矢吹さんには申し訳なかったんだけど≫と言っていたそうなので、“良くないことをしている”という認識はあったのでしょう」(スポーツ紙記者)

映画『日本で一番悪い奴ら』のヒット記念イベントにて。左から1人目が矢吹春奈、2人目が白石和彌監督
【写真】了承がないまま綾野剛と性的シーンの撮影に臨んだ女優

 SNS上では、レポート記事が拡散されるとともに、

≪邦画界ってヤバ過ぎ≫
≪女優さんたち、脱ぎたい人は脱げばいいけど、少しでも迷いのある人はこんなこと受け入れなくていいよ≫

 といった批判が噴出。また一方で、

≪結局、白石和彌監督もハラスメント監督なんじゃん≫
≪白石監督ってセルフでパワハラチェックしてたような監督って思ってたけど この撮影の後の話か、それともセクハラは別か?≫

 など、白石監督が日本映画界の性暴力/ハラスメント防止に積極的な人物であることから、記事内容に驚く人も散見された。