「2008年に当時、巨人軍の二岡智宏選手(現・二軍監督)がフリーアナウンサーの山本モナと不倫が発覚して謹慎処分になりました。その二岡が守っていた二遊間に大抜擢されたのが坂本でした。同年、二岡は日本ハムにトレードされます。二岡は選手会長を務めていたのですが、解任されトレードに出されるというのはかなり異例のことでした。なので坂本も今回ばかりは“無傷”で済まされないのでは。歴史は繰り返すと言いますが……」(スポーツ紙記者)

 巨人軍のキャプテンである坂本勇人の女性トラブルが『文春オンライン』に報じられ、波紋を広げている。

「報道では2年ほど前に知り合った20代の女性と肉体関係を持っていたというのですが、坂本は女性を突然呼び出し過激な性行為を要求するなど、女性を都合のいい“道具”のように扱っていた。さらに坂本は避妊をせず、女性にアフターピルを飲むように勧めていたのです。しかし女性が妊娠をすると、坂本は“本当は今すぐおろせよって言いたい”などと伝えたといいます。これにより女性は自ら命を経とうとしたとも」(同スポーツ紙記者)

 献身的に尽くし、好きな男性の子を我が身に宿した女性が、心ない坂本の言葉にどれだけ苦しい気持ちを抱えたかは、想像に難くない。

 これまでも、その“悪評”は夜の街で知れ渡っていた。都内の飲食店関係者は、

ホステスの子も“ブスとかバカとか暴言をめちゃくちゃ吐かれるし、金払いも悪いからサイアク”ってよく坂本については愚痴っていました。少し前には“女の子と非常階段でヤッてた”なんて話もありましたね。ほんと、見境ないというか……」

「俺がジャイアンツの坂本だ」

 坂本のよからぬ話は、とどまるところを知らない。札幌の繁華街・すすきので店を構える女性店主が明かす。

「すすきのでは、野球をまったく知らない女の子も坂本の名前だけは知ってるの。とにかく飲み方が汚いし、すぐに“お持ち帰り”しようとするから。“俺がジャイアンツの坂本だ”なんてことも言うようだけど、自ら悪評を広めているのに気づいてないのかしら」

 2018年にはキャンプ地である宮崎で、坂本がキャバクラの女性たちに噛みつき550万円の慰謝料を支払っていたことが今年6月に報じられた。2015年には坂本のベッド写真が流出。キャンプ中、球団宿舎で坂本と関係を持った女性が、ぞんざいに扱われたことに腹を立て暴露した。

「今年5月には“彼シャツコーデ”の美女と散歩する坂本の姿が報じられました。ここ最近はコロナの影響もあったのでしょうが“夜遊び”も落ち着きをみせていた坂本でしたから“本命では?”と囁かれていたのですが……。やはり人間、そう簡単に変わりませんね」(前出・スポーツ紙記者)