クラウドファンディング(以下、クラファン)で487万円を集め、日本一周企画に挑戦中の少年革命家ゆたぼんへのバッシングが過熱する一方だ。

「北海道根室市内を走行中、目の前を走っていた車がフラフラと蛇行運転する異変に気付きながら約20分間も撮影を続けていたんです。その後、深い茂みに車が転落した後も救出する様子を撮影し続けたことから、その対応を巡りバッシングを受けることになりました。その後も滋賀県で“スタディ”した報告が『警察にお世話になりました』という、内容とはほぼ関係のないタイトルの“釣り動画”になっていたりと、動画やSNSを更新するたびに炎上している状態です」(ネットニュース編集者)

 “不登校の子に直接会って、元気と勇気を与えたい”と資金を集めたものの、不登校の子に会った回数よりも問題行動を起こしている回数のほうが多いように思えるゆたぼん。支援した人をアンチ扱いし、一方的に返金をするなどクラファンの規約違反にあたる行動も問題視されている。

 そこで資金を集めたクラファン運営会社『CAMPFIRE』に、規約違反をするとペナルティはあるのか? といった質問を送ったところ、以下のような回答が届いた。

規約違反の疑いのあるプロジェクトにつきましては規約の抵触が確認でき次第、注意喚起も含め対応させていただいております。ペナルティにつきましてもサービスの利用規約に則り、適宜対応を行っております」

ゆたぼんパパ・中村幸也氏にも批判

 トラブルが起こった際、代理で交渉するなどの対応はあるのか? という質問には、

「前提としてリターンに伴う責任はプロジェクトオーナーさまにあるため、基本的には二者間でご解決いただくようご案内しておりますが、状況に応じて弊社が事実確認をさせていただく場合もございます」(『CAMPFIRE』担当者)

 不登校を前面に押し出しているゆたぼんだが、「同世代の男の子に声をかけてほしそうにしていた」といった目撃情報もあり、《本当は学校に行きたいのでは?》《親の金もうけの道具にされてかわいそう》と、ネット上では父親・中村幸也氏への批判も増えている。