新しい地図を立ち上げて9月22日に5周年を迎える稲垣吾郎。主演映画から久々の京都での舞台、夏の出来事や子供の頃の思い出、最近SNSに上げまくっている“ある写真”のことまで、近況をじっくりインタビュー!

――2年ぶりの主演映画『窓辺にて』が11月4日に公開されます。

「いろんな見方ができる作品で、答えはひとつじゃないだろうし、どの登場人物の目線で見るかによっても解釈は変わるんじゃないかと思います。現場も穏やかな空気で、落ち着いたナチュラルな雰囲気でした。

 今泉(力哉)監督からも自然体でお芝居をしてほしいという要望があったので、いい意味で力の抜けた感じでやらせていただきましたね。話す口調も本読みの段階から監督の要望を聞きながら、お芝居も作品のトーンに合わせて、1か月間、楽しく演じることができました」

ひさびさに関西のファンの方にもお会いできてうれしかった

――6月には『恋のすべて』の京都公演もありました。

東京以外の場所でステージに立つのはひさびさだったので、関西のファンの方にもお会いできてうれしかったですね。公演以外の時間にちょっと出歩いたりできたのも息抜きになりました。

 神社仏閣や美術館、博物館、食事のテイクアウトだったり、行きたかったところにも行けて、京都を観光するような時間も少しありましたね」