今年上半期に生まれた子どもは38万4000人余りで、厚生労働省が把握している2000年(平成12年)以降、初めて40万人を下回ったことが分かったという。

 また、9月9日に国立社会保障・人口問題研究所が発表した「第16回出生動向調査」によると、「恋人として交際している異性がいる」「婚約者がいる」と回答した割合は、2000 年代前半をピークに男女とも低下しているのだという。

 出生数については新型コロナの影響も多分にあろうが、若者たちの恋愛離れ、さらに非婚化については“出会い”がうまくいっていないということも一因といえそうだ。

「どうして相手が見つからないのかな?高望みしているワケじゃないのに。普通の人でいいんだけどなあ」

 男女問わず婚活中の人からよく聞く言葉。しかし、その普通は当人が思っている以上に実はハイスペックで、出会える確率は極めて低い。

婚活女性の求める「普通の男性」は普通じゃない

婚活女性が求める「普通の男性」TBS『グッとラック!』より

 婚活女性が求める「普通の男性」像はとされているものがある。アンケートを取ったというわけではなく、ネット上の声が独り歩きしたもののようだが、2020年の12月に放送された「グッとラック!」(TBS系)で紹介されており、これをまとめると、

・見た目は星野源のようなイメージで、身長165㎝以上、体重は60~80kgでジムに通っている
・学歴は大卒で、(日大・東洋大・駒沢大・専修大)以上
・年収は都内在住の場合は500万円以上、地方在住の場合は銀行や大手企業勤務
・鼻毛が出ていない・体臭がない、髪の毛は月に1~2回切る(つまりハゲはNG)、寝る前に化粧水をつける

 かつてバブル時代には結婚相手の男性には、三高(高学歴、高収入、高身長)を求められた時代もあった。それにくらべたら随分、条件が低くなったと思われるかもしれない。

 しかし、年収一つとっても、普通とはほど遠い。結婚適齢期であるアラサー男性で年収500万円以上を超えるのは、都内では2割、地方で1割にしか過ぎない。

 統計資料を用い、上記のような男性がどれだけいるかを計算すると、日本人男性の中で「200人に1人くらいではないか」と述べるインフルエンサーもいる。

 婚活女性が思い描く「普通」と「現実の普通」ではかなりかけなれていることが分かる。 そのギャップを分かりやすく教えてくれる漫画が冬野梅子氏作『普通の人でいいのに!』(『まじめな会社員』第2巻収録)。

 マッチングアプリでの出会いに疲弊した33歳の主人公は、普通の男性との普通の出会いを求めるように……そこで35歳の職場の先輩と交際をスタートさせる。

 しかし、先輩は、

・ブラック企業の長時間労働でジムに行く余裕がないから中年太りで、散髪もいけず、加齢と不摂生で肌荒れしている。

・年収は380万円

 星野源とは似ても似つかない現実の平均的な男性の実態を知り、主人公は愕然とする。 婚活で「普通」を求めている女性は、多かれ少なかれ主人公と似たような体験をするはずだ。