2014年にスタートした『料理レシピ本大賞 in Japan』。これは「多くのファンがいて、ベストセラーも多数ある料理レシピ本の、書籍としての魅力をアピールしたい」という書店員たちの思いから発足した賞だ。

 第9回の今回も、レシピ本、子ども向けの本、エッセイ、コミックなど145作品がエントリー。

2度目の大賞を受賞した料理研究家・リュウジさん

 9月6日に授賞式が行われ、受賞者が喜びのコメントを披露。料理部門の大賞に輝いたのは料理研究家・リュウジさんの『リュウジ式至高のレシピ』(ライツ社)。リュウジさんは一昨年に続いて2度目の大賞受賞となった。YouTubeでは簡単でインパクトのある“バズレシピ”も注目されるリュウジさんだが、今回は「料理研究家としていちばん出したかった」という基本のレシピを3年間の構想を経てまとめた。

「この本でより多くの人を“料理の沼”に引き込みたい」とリュウジさん。(※画像クリックでAmazonの販売ページへ移動します)

「前回の『悪魔のレシピ』は初心者向けでしたが、今回はより手間をかけて料理をしたい人向け。ハンバーグ、から揚げなど僕が思う世界一美味しい定番料理を詰めました」とコメント。

 準大賞は料理研究家Mizukiさんの『今日のごはん、これに決まり! Mizukiのレシピノート決定版!500品』(学研プラス)。Mizukiさんは毎日ブログやインスタグラムでレシピを紹介する中で、読者から寄せられる「料理がしんどい」「献立を考えるのが大変」などの声を解消できるような、すぐできるレシピを提案。

Mizukiさんは「簡単料理で浮いた時間を家族と楽しんで」(※画像クリックでAmazonの販売ページへ移動します)

 その中からえりすぐりの“神レシピ”500品を1冊にまとめた。「多くの人が求める『簡単』『時短』『節約』の背景には家族や周囲の人への思いやりがあると気づいた」と、今後も困りごとを解決するような発信を続けていきたい、と語った。