27日、安倍晋三元首相の国葬が行われ、友人代表として菅義偉前首相の弔辞が、昭恵夫人はじめ多くの国民の涙を誘った。

《総理、あなたは一度、持病が悪くなって、総理の座をしりぞきました。そのことを負い目に思って、2度目の自民党総裁選出馬をずいぶんと迷っておられました。最後には、2人で銀座の焼き鳥屋に行き、私は一生懸命あなたを口説きました。それが使命だと思ったからです。  

 3時間後にはようやく首をタテに振ってくれました。私はこのことを、菅義偉生涯最大の達成として、いつまでも誇らしく思うであろうと思います》

 安倍さんがこの世を去った“あの日”の回想に続き、菅さんが声を震わせながら話した、“銀座の焼き鳥屋”のエピソードには会場から嗚咽が聞こえたほどだった。

追悼メッセージ・弔辞に込める故人への想い

 また、9月8日のイギリスのエリザベス女王の死去から2日後、ウィリアム皇太子が追悼メッセージを発表した。

《世界は類まれなる指導者を失った。彼女の歴史的な治世の意味について、これからも長く語られるだろう。しかし、私は祖母を亡くした》

 こう始まったメッセージには一国の皇太子として、また祖母を愛する一人の孫としての心情が込められていた。

《私はこの日が来ることを知っていたが、おばあちゃんのいない生活が本当に現実だと感じるには、しばらく時間がかかるだろう》

 女王を“おばあちゃん”と呼ぶくだりに世界が涙した名文だったが、日本の芸能界にも泣ける弔辞が多かった。

タモリから赤塚不二夫さんへ

 まず浮かぶのは“平成のベスト弔辞”として名高いタモリの弔辞。恩人である漫画家・赤塚不二夫さんに向けて読んだものだ。

2008年没。無名時代のタモリ(左)を自室に居候させるなど“大恩人”だった赤塚さん(右)

「赤塚先生、本当にお世話になりました。ありがとうございました。私も、あなたの数多くの作品の一つです」

 胸を打つ結びの言葉はその年の新語・流行語大賞にノミネートされたが、手に持った奉書紙が白紙であったことも大きな話題となった。

黒柳徹子から森光子さんへ

2012年に死去した森さん(右)。黒柳(左)とはテレビ放送初期の頃からの仲

「“あなたとお食事に行きたいからリハビリしてます”。これが森さんからいただいた最後のメッセージでした」

 森光子さんとの50年以上もの友情を明かした黒柳徹子は“こんなつらいお別れはありません”と心情を吐露。