9月20日の午後8時過ぎ、皇居・二重橋付近には十数人の人々が集まっていた。気温は20℃を下回り、雨が降りしきる中、白バイやパトカーなどに続く形で両陛下を乗せた御料車が姿を見せると、どこからともなく「お疲れさまでした」との声が上がる。

 約15時間の長旅を終えた両陛下をひと目見ようと集まった人々は、カメラを向けたり、手を振ったり、思い思いに慰労の気持ちを表していた─。

皇后としての責務というお気持ちを

 沿道に集まった女性のひとりに両陛下のご様子について話を聞くと、

「雨にもかかわらず車窓を全開にし、ルームランプを灯してお手振りしてくださいました。車のスピードが速く、あまりご表情が見えなかったのは少し残念でしたね。とはいえ、雅子さまにとっては7年ぶりの海外訪問。長旅のお疲れがたまり、家路を急がれるのも納得できます」

 9月8日に96歳でお亡くなりになったイギリスのエリザベス女王。その国葬がロンドンのウェストミンスター寺院で開かれるにあたり、両陛下は9月17日から20日にかけて、“弾丸日程”でイギリスを訪問された。

「'20年5月、エリザベス女王の招待により両陛下はイギリスを訪問される予定でしたが、コロナ禍で延期に。雅子さまがエリザベス女王と初めて対面される場が葬儀になってしまったことは非常に残念でした」(皇室担当記者)

 国葬に参列された雅子さまの思いを、宮内庁OBで皇室ジャーナリストの山下晋司さんは、こう受け止めた。

「イギリス王室は日本の皇室にとって特別な存在です。交流の歴史は長く、公私にわたって多大なる影響を受けてきました。皇后陛下は皇室に入られてから幾度となく、天皇陛下や上皇・上皇后両陛下から、そのような話をお聞きになっていたことでしょう。

 女王陛下の突然の訃報を受けて、“天皇陛下とともに参列するのが皇后としての責務だ”という強いお気持ちを抱かれていたのだと思います」