9月25日にさいたまスーパーアリーナで行われた格闘技イベント『超(スーパー)RIZIN』で総合格闘家・朝倉未来(30)とプロボクシング元世界5階級制覇王者のフロイド・メイウェザー(45)がボクシングルールで激突した。しかし、話題になったのはその勝敗よりも、試合前の花束贈呈式で起きた事件だった。

 なんと、メイウェザーに花束を渡すはずだった『ごぼうの党』の奥野卓志代表(48)が手渡さずにそのままリング上に投げ捨てたのだ。メイウェザーは何も反応せずにそれを拾うという紳士的対応をみせるも、日本人からは怒りの声が収まらない。ツイッターのハッシュタグ『日本の恥』がトレンド入りするほどのネガティブな反響を巻き起こした。海外出身のタレントのフィフィは、今回の件が起きた背景について「これは奥野さんだけでなく、日本人全体の課題」と考える。(以下、フィフィの発言)。

* * *

 マナーは人それぞれですが、今回の奥野さんの花束を投げるという行動は言語道断、失礼を通り越して暴力行為に近いです。

 驚いたのは今回の花束贈呈の人選について、『RIZIN』の運営サイドが彼を指名したというわけではなく、オークション形式で権利を販売していたチケットの特典だったということ。つまり、お金を積めば誰でもリングに上がり著名人と接触することができた。これは危険すぎると思います。

日本はセキュリティー面に甘い

 過去に握手会傷害事件(2014年)などあったAKB48をはじめとした“会えるアイドル”も当時から危ないと思っていました。ファンだから距離を近づけても何もしないという理屈にはならない。海外では「お金を積めば著名人と接触できる」といったシステムはみかけません。今回の『RIZIN』の運営がどうやってお金を集めようというのに目が眩んで、危険性の部分に考えが回っていないというのは非常に危険。日本はこういったイベントごとのセキュリティー面に関してすごく甘いなと思います。

フィフィ

 先日も安倍晋三元首相の銃撃事件(7月8日)があった直後にも関わらず、8月にはYouTuberのヒカキンさんがゲームイベントで背後から不審者の身体に手を回されるというアクシデントが起きました。いったいどこからステージに侵入させてしまったのか……。私はこれまで著書を2冊出しているのですが、まさにこの“危険性”の観点から一度も本のサイン会などのイベントはやっていません。怖いから。ファン以外にもどんな人が集まってくるかわからない。