10月5日より開演のミュージカル『吾輩は狸である』にて、主演を務める赤西礼保(34)。元『KAT-TUN』の赤西仁(38)の弟で、俳優・歌手として活躍中だ。全国をまわって2000枚のアルバムを手売りしたこともあり、そんなストイックな一面を持つ一方で、インタビュー中は人懐っこい笑顔を絶やさなかった彼に、今作への意気込みなどを聞いた。

赤西礼保、主演舞台への意気込み

「ミュージカルに出演するのは4年ぶりで、かなり入念に準備をしましたね。稽古場が遠かったこともあり、近くに部屋を借りて1か月近く住み込みのような状態で稽古に取り組みました。

 主演なので台詞の多さももちろんですが、それに加えて歌唱もあり、そこまでしないとこの物語やお客さんと向き合えないと思ったんです」

 そのストイックさの背景には、俳優としてのこだわりがある。

「狸の役を演じるのですが、役であっても人間が狸になるって物理的に無理じゃないですか。だから、難しいことは考えず、その役を懸命に“生きる”ことに集中しました。そうしていれば、お客さんはだんだん僕のことを狸に見えてくるはずなんですよ。

 “狸になろうなろう”という意識ではなく、“この役としてとりあえず100%生きよう”っていうことに徹しました」