「あれは、自分自身に向けて言うようなつもりで、大きな声を絞り出しました」

ダークヒーローに共感「僕にも負の部分ある」

中川大志(撮影/矢島泰輔)
中川大志(撮影/矢島泰輔)

 11月6日から始まる音楽劇『歌妖曲〜中川大志之丞変化〜』に主演する中川大志。製作発表時、「頑張ります!!」と、目いっぱい気合の入った声で最後を締めた際の心境をこう振り返る。

 今回が本格的な舞台に初挑戦となる中川。物語は、昭和歌謡界が舞台だ。芸能界に君臨する「鳴尾一族」の末っ子で、醜い風貌のため存在を闇に葬られていた鳴尾定(中川)。彼は闇医者の施術により絶世の美男子・桜木輝彦(中川)に変身を遂げ、瞬く間にスターダムに駆け上がる。そして、一族への復讐を始めるが……。

 モチーフは、シェークスピア屈指の名作にして演劇史上もっとも有名なダークヒーローを描いた『リチャード三世』。桜木輝彦も同様にダークでヒールな主人公だが、中川はどんなところに魅力を感じているのだろう?

怒りや悲しみ、憎しみという負の感情って、ものすごくエネルギーとして強いものだなと思って。それが、光を浴びているときの桜木のエネルギーになっている気がします。光と闇のコントラストがすごく強いのが魅力かなと。人は誰でも闇の部分を持っていると思うので、ダークヒーローだけど共感できるところもいろいろあると思います」

 そして、明るく好青年なイメージが強い中川だが、

「僕にも、もちろん負の部分はありますよ」

 とニヤリ。

もし生まれ変わるなら、何になりたい?

「自分の家で飼っている犬。2匹いて、3歳と1歳のフレンチブルドッグ。どっちも女の子で、親子なので仲良しです。

 どんなふうに世界を見ているのかなとか、僕が仕事に行っている間は何をしているのかな、どういう気持ちで過ごしているのかなとか、そういうことが知りたいなと思いました」