くりぃむしちゅー・上田晋也(52)と有田哲平(51)がMCのバラエティ『くりぃむナンタラ』(テレビ朝日系)に出演し、過酷ロケに挑戦したSixTONES・森本慎太郎(25)に対するスタッフの振る舞いがファンの反感を買って炎上している。

出演者も気遣うほどイライラ雰囲気の番組スタッフ

 森本は10月9日放送回にゲスト出演。有田、シソンヌ・長谷川忍(44)と共に、大自然の中で絶叫系アトラクションを体験できる秩父ジオグラビティパークにロケで訪れた。

「現地で待っていたティモンディ・高岸宏行さん(30)が、同パークのアトラクションで最も怖いとされている『キャニオンスイング』を案内しました。これは峡谷の川の上で60m弱の高さからバンジーのように垂直に落ちた後、前後に大きくスイングされる落下型ブランコとも言えるアトラクションです。高岸さんは、3人の中で1人が飛ぶことになると説明しました」(TVウォッチャー)

 横殴りでドシャ降りの雨という普段より恐怖が増す状況の中で、有田、長谷川はそれぞれ年齢や妻子持ちであることを理由に「やりません!」と断言。

 それに対し森本は「えっあっ、私は独り身ですし…25歳…」「僕にはお子さんはいないですから…」と答えると、強引に“守るものがない人物”と認定され、高岸から「では森本さん! 誓約書を書きましょう!」とアトラクション体験に際する誓約書の記入を催促された。

「えー-!」と戸惑う森本に対し、高岸は「日が落ちると飛べなくなっちゃうんで、巻きで行きましょう!」とせかし、森本は半ば強制的に『キャニオンスイング』に挑戦することとなった。

 森本はまともに心を整える時間も与えられず、あっという間に飛び降り、前後に振られ、大絶叫。最後はドシャ降りの雨の中で森本が茫然自失になりながらワイヤーに吊るされているシーンで体験は終了。

 有田らの元に戻った森本は「しんどいっすよ! 本当怖いっすよ!」「本当に死んだと思いましたもん!」と恐怖をまだまだ語りたそうだったが、進行役のアナウンサーに「じゃあ次いきましょうか」と遮られ、「え、行くんですね……」と気持ちの整理がつかないようだった。

 放送後、ジャニーズでありながら若手芸人ばりに体を張った森本に対し、ネット上のファンから称賛の声があがる一方、チャレンジしたシーンがあっさりしすぎていると戸惑う声もあった。しかし、この話には続きがある。