2012年『R-1ぐらんぷり(当時)』でノーシードながら準優勝し、「ワイルドだろぉ?」という決めゼリフが炸裂する漫談芸がウケて人気者となったスギちゃん(49)

息子2人だと“モンスター化”するぜぇ

 ワイルドが売りのはずなのに、'15年に結婚したワイルド配偶者と'17年生まれのコスギちゃん、'20年生まれのミニスギちゃん(家族の呼び名はSNS上のもの)の4人家族の“チャイルド中心の育児日記”がSNSで話題に!

「息子2人になって、よりいっそう大変になりましたねぇ。1人だとおとなしくしていることもあるけど、2人そろうとモンスター化しちゃう。楽しい!が強くて、全然じっとしてない。かと思うと、突然スイッチが切れて寝る。でもそこで寝ちゃうと夜に目を覚ますから、昼間はちゃんと運動させないといけない(笑)。

 俺はサラリーマンと違って昼間も家にいることが多いから、子どもが一番騒がしい時間を知ってるんで、子育てしてる方の大変さがわかるんですよ。もうすごいですからね、男の子が2人だとドーンと体当たりしてきたりして。さすがにワイルド配偶者には無理なんで、俺がいるときは受け止めてあげるようにしてるんです。あとはおむつ替えたりとか、ホント、一部補うくらいですけどね」

コスギちゃんが生まれたころはほとんど家に帰れないくらい忙しかったぜぇ
コスギちゃんが生まれたころはほとんど家に帰れないくらい忙しかったぜぇ

 スギちゃんの子育てのポリシーは?

俺が所属してるサンミュージックって、ネタについて何も言わない事務所で、のびのびやらせてくれるから、時々とんでもない才能のヤツが出てくるんですよ。

 だから俺も子育ては自由奔放で、ケガしなければいいかなと、のびのびサンミュージック風でやってたんですけど、やっぱり止めるところは本気で止めて、注意しつつ、後でフォローを入れるのがいいのかなぁなんて最近思ってて。

 というのも、ワイルド配偶者が周りに配慮するタイプで、『あなたがよくても、子どもが言われるよ?』と言われて、たしかにそうだなって。そうやって子育ては夫婦で話し合って決めてますね。

 ただ俺は『子どももそのうち自分でわかるだろう』と思ってるんです。というのも、俺が3兄弟の末っ子で自由に育ったから、今のワイルドスギちゃんになったと思ってて。もちろん危ないことや、やっちゃいけないことは怒られたけど、実家のガラスは割れたりしてたなぁ(笑)。だから子どもが興味を持ったことを応援してあげたいなと思ってるんです」