10月、自身のSNSで大倉士門(29)との結婚を発表し、話題となった“みちょぱ”こと池田美優(24)。11月10日にはベストジーニスト賞を受賞し、仕事面も好調だ。

 一方、同時期に人気が出始めた“ゆきぽよ”こと木村有希(26)。見た目が似ていることから、みちょぱとのキャラ被りがネット上でも話題となり“不仲説”まで出たが、ゆきぽよの自宅で知人男性が逮捕されていたという報道より失速した印象も……。

 メディア研究家の衣輪晋一氏によると、“みちょぱ”と“ゆきぽよ”は本質的に違うという。

なんか似てない? キャラ被り芸能人

 「みちょぱさんは自らギャルだとアピールしていましたが、見た目とは違い、実はしっかりしている。ゆきぽよさんは生粋のギャルで、テレビ番組やYouTubeで自ら汚部屋を公開したり、自分の恋愛経験を赤裸々に話したりしますが、みちょぱはかわすのがとにかくうまくて本音を言わない。

 藤田ニコルさんも『ぶっちゃけトークはいつも私に振って、自分は何もぶっちゃけない』と不満を漏らしていましたが、いわゆる破天荒な“ギャルキャラ”ではないんです」

 トークスキルの高さで有吉弘行(48)など人気司会者からも信頼され、公私共に絶好調なみちょぱは被りなど全然気にならないのかも。

ギャルタレント枠は、めるる、ゆうちゃみなど次々と勢いのある人が出てきているので激戦です。ただ、みちょぱは結婚によって人気が落ちるタイプではありませんし、むしろ夫婦での起用など、仕事の幅は広がる可能性もあります」(衣輪氏、以下同)

西のトーク女王の座を巡り紗理奈とウイカが対決!?

 方言や喋り方が似ているタイプのキャラ被りもある。

私がやるであろう仕事を全部ウイカがやってるんですよ!」と9月に放送された『ダウンタウンDX』(読売テレビ系)でファーストサマーウイカ(32)とのキャラ被りを自ら指摘した鈴木紗理奈(45)。

鈴木紗理奈(左)とファーストサマーウイカ(右)

「大阪弁でちょっとはすっぱで、めちゃめちゃおもろい。誰やねんコイツ……」と慌ててネットで調べ、「キャラが被っとるやないかい!」と感じたそう。

「紗理奈もウイカもまじめというキャラも同じですが、紗理奈は正義感が強く、より自分に正直なタイプ。ウイカは多少自分を曲げてでも制作サイドに合わせるところがある。芸能界で目立つために、強気なキャラ設定をしてはいますが、制作サイドが求めていることを確実に遂行できるタイプなんです。

 コンプライアンスが厳しくなっている昨今、制作サイドが安心してキャスティングできるのはファーストサマーウイカさんでしょうね

 喋り方でキャラが被るのは女性タレントだけではない。

 カンニング竹山(51)もキャラ被りの後輩芸人に不満を漏らしていた。

「竹山さんは以前『キレキャラは番組に1人でいい』と呟いていました。おいでやす小田さんやカミナリのたくみさんなど、キレ芸キャラの芸人が増えてきていることを受けての発言ですが、確かにあの芸風で一斉にキレられても、うるさすぎて進行もスムーズにいかないでしょう(笑)」

カンニング竹山(中央)とおいでやす小田(右)とカミナリのたくみ(左)