「仲本は週刊誌の報道で殺されたようなものだと思っています。今度は私まで殺そうとしているんでしょうか」

 10月18日、神奈川県横浜市内で交通事故に遭い、その翌日、急性硬膜下血腫により帰らぬ人となったザ・ドリフターズの仲本工事さん(享年81)。

 事故現場は事実婚の妻・純歌の営むカレー店からわずか80メートルの距離。さらには今年に入って別居や仲本さんの自宅がゴミ屋敷化しているといった報道が出ていたこともあり、純歌へのバッシングが過熱している。

報道のほとんどはデタラメです。真実を知ってほしい

 こう切実に訴えるのは純歌の友人だ。そこで友人に純歌を説得してもらい、本人から仲本さんを巡る報道の真実を語ってもらうと、冒頭のような発言が飛び出し─。

* * *

 記者が訪れたのは、東京・目黒区にある仲本さんと純歌が営んでいた『仲本家 JUNKAの台所』。仲本さんの遺骨が置かれた仏壇の前のソファに座った純歌はやつれた印象だ。

昨年、私が横浜にカレー店をオープンしたこともあり、移動が大変ということで目黒の自宅に帰らない日が増えたのは事実です。ただ横浜に店を出すことは仲本もOKしてくれましたし、仲本が横浜の家に来ることもあったので、別居という表現は語弊がありますね

純歌が否定したい報道

 通販で購入した商品を届けさせるため、多い日は仲本さんが目黒と横浜を3往復することもあったと『女性自身』にも報じられたが、それもキッパリ否定する。

「コロナ禍もあり通販を利用する機会が増えたので、仲本が横浜の家に来るときは、目黒の自宅に届いた商品を一緒に持ってきてくれていました。ただ高齢ということもあり、“事故を起こしたら困るから、早く免許を返納したら?”と、私は運転を続けることに反対していたぐらいなので、某ボクシングジムの会長が言うような、都内と横浜を3往復もさせるなんてありえません」

店舗に保管している仲本さんの遺骨の前で、約2時間にわたり『週刊女性』の取材に答えた純歌
店舗に保管している仲本さんの遺骨の前で、約2時間にわたり『週刊女性』の取材に答えた純歌

 店の近くには仲本さん行きつけの麻雀店があり、店に来た日は麻雀を楽しんでから目黒の自宅に帰っていたという。

麻雀を楽しむ人ならわかると思いますが、半荘(1ゲーム)で1時間弱ほどかかりますし、1度打ち始めたら5〜6時間楽しむのもザラです。それで都内と横浜を3往復する時間があると思いますか? 仲本は年寄り扱いされるのが嫌で、パチンコ番組の収録にもマネージャーもつけずに1人で運転して行っていましたが、それも私は危ないからと反対していたぐらいです