芸人・加藤浩次(極楽とんぼ)が、新たなターニングポイントを迎えている。2006年からMCを務めてきたワイドショー『スッキリ』(日本テレビ系)の終了が決定。

 11月11日の放送では、

「来年の3月末まで続くので。俺、何言うかわからないよ」

 と、らしいコメントをした。

“狂犬”加藤浩次が重宝されたワケ

 なんにせよ、浮き沈みの激しい芸能界では、こうした曲がり角がつきもの。そこをうまく乗り切ってこそ、幸せな芸能人生を全うできるわけだ。

 はたして、彼はどうだろう。

 その最初のターニングポイントは23歳のとき。フジテレビの深夜番組『とぶくすり』のレギュラーに起用されたことだ。

 すでに人気のあったナインティナインとともに注目され、この3年後にスタートする『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)でお笑いの第一線に躍り出た。ナイナイやよゐこに比べ、芸風は粗削りだったが、そこが幸いしたともいえる。特に加藤は“狂犬”と呼ばれるほどの破天荒な言動で、ほかの芸人にはできない笑いをとった。

 ただ、'02年に学園祭で不祥事(相方の山本圭壱が公然わいせつ、加藤はその幇助)を起こし『天才てれびくんワイド』(NHK Eテレ)を降板。山本は翌年にも、女性問題で謝罪した。が、これが加藤の転機に。単独でのMC仕事の緩急を使い分けたさばき方が評価されて『スッキリ』に起用されたのだ。

 そのスタートから3か月後には、山本が10代少女との淫行事件を起こし、吉本興業をクビになったが、加藤は会社の方針に抗い、極楽とんぼの継続を主張。これが「男気」として支持され「モノ言うMC」としてのイメージも強化された。

 いわば、ターニングポイントでもアクセルを踏める度胸とカンのよさが『スッキリ』の長命にもつながったわけだ。