「仲本は週刊誌の報道で殺されたようなものだと思っています」

 怒りと悲しみを滲ませ、インタビューに答えてくれた仲本工事さんの事実婚の妻・純歌。

 10月19日、神奈川県横浜市で交通事故に遭い、帰らぬ人となった仲本さんを悼む時間もないうちに、巻き起こった妻・純歌へのバッシング。彼女へのインタビューは2時間に及んだだけに、誌面では載せきれなかった新たな事実を紹介する。

                 * * *

「私と出会う前から仲本は大のパチンコ好きでしたし、有名な話だと思いますが……」

 11月12日に『女性自身』ウェブ版では、以下の記事(一部抜粋)が配信された。

《純歌さんの一連の報道には正直、“ほら、やっぱり”って思ってしまいましたね……。  純歌さんと結婚する前から仲本さんがパチンコをするなんて聞いたことはないですし、舞台の合間にパチンコに行くところも見たことがないので、夫婦の“パチンコYouTube”には驚きました》

 仲本の25年来の友人なる人物がこう証言しているが、純歌は首をかしげる。

「仲本が渋谷で店(居酒屋 名なし)をやっていたころ、向かいにパチンコ店があったこともあり、私と出会う前から母親とよく打ちに行っていたと聞いています」

「仲本さんだけ見たいので、純歌は邪魔」

 パチンコライターもこう証言する。

「渋谷・センター街沿いにあった『居酒屋名なし』の周辺にはパチンコ店が軒を連ねており、当時はパチンコ激戦エリアとして知られていました。実際、パチンコ関連のインターネット掲示板では仲本さんをホールで目撃した情報もよく書き込まれていましたよ」

‘09年にザ・ドリフターズのパチンコ新機種『フィーバー ドリフだよ!全員集合』のお披露目会では加藤茶が、

「夢中になって財布を(店に)忘れる人」

 と、仲本のことを大のパチンコ好きとして紹介している。

「加藤さんが話しているのは'06年の高知県内のパチンコ店での事件ですね。地元紙で記事になっていて、今でもネット版の記事を読むことができます。当時よくイジられていたし、25年来の友人であれば、仲本さんのパチンコ好きを知らないほうが不自然な気もしますが……」(スポーツ紙記者)

 純歌もこう続ける。

仲本は開店前から並んで打つ日もあるぐらいパチンコが大好きで、私は“芸能人なんだから開店前から並ぶのは止めて”と注意していたほど。パチンコYouTubeも最初は夫婦でやっていましたが、視聴者から“仲本さんだけ見たいので、純歌は邪魔”という書き込みにショックを受け、出演を遠慮するようになりました。仲本さんを使ってお金を稼ごうとしたわけではなく、趣味の延長で始めただけです。パチンコ好きという情報を知らないような友人が証言している内容が、信ぴょう性が高いとは思えません