交際報道をきっかけに、ファンから大バッシングを浴びているAKB 48・岡田奈々が、11月23日にグループ卒業を発表した。SNS上に文書を発表したものの、ファンからさらなる反感を買い、炎上状態となっている。

 11月19日配信のニュースサイト「文春オンライン」にて、2.5次元舞台を中心に活動する俳優・猪野広樹との熱愛が報じられた岡田。同記事によると、2人は岡田の父親と一緒に、新築マンションを内見中だったという。なお、双方の事務所は「文春」の取材に対して、「プライベートについては本人に任せております」と回答していた。

「煽ってるとしか思えない」

「AKBメンバーの熱愛スキャンダルは珍しくないものの、岡田さんは過去に“スキャンダルを起こしたメンバー”を批判するような発言をしつつ、『まっすぐに頑張っている人が報われるように、グループを変えていきたい』と語り、ファンから信頼を寄せられていたんです。実際、岡田さんは今まで“ノースキャンダル”を貫いていました。そのため、今回の熱愛報道にショックを受ける人や、『裏切られた』と嘆く人が相次いでいます」(アイドル誌ライター)

 岡田の熱愛報道はほかのAKBメンバーにも波紋を広げており、翌20日には、AKBの3代目総監督を務める向井地美音が、自身のTwitterに「今まで曖昧になっていた『恋愛禁止』というルールについて改めて考え直す時代が来たのだと思います。運営と相談し、どのような形であれ必ず結論を報告させて頂きます」と投稿。これまでAKBに科されてきた“恋愛禁止ルール”を、“恋愛解禁”に向けて働きかけると綴っていた。

「この投稿はAKBファンのみならず、アイドルファンの間でも議論を呼び、『“アイドルは自由に恋愛するけれど、ファンは変わらずお金を出してね”が通用すると思う?』『アイドルだって人間だし、いろんな考え方があると思う』などと、さまざまな意見が飛び交ったんです。一方、岡田さんが向井地さんのツイートに“いいね”していたことがわかると、AKBファンは激怒。『岡田はどういう神経してんの?』『ファンを煽ってるとしか思えない』などと、反感を買っていました」(同・前)

 そんな中、岡田は11月23日午後3時に自身のTwitterを更新。「自分なりによく考え しっかりとけじめをつけることに決めました」として、AKB48卒業を発表したのだ。