《東リベ、ガチ考察してた人達かわいそう》

《最終回見てから熱がすんごい勢いで冷めてる》

 物語の完結から1週間が経ってなお、SNSで多くの意見が飛び交っている人気漫画『東京卍リベンジャーズ』。過去と現在を往来する“タイムリープ”の能力が登場する同作中には、張り巡らされた“伏線”や“謎”が多い。連載終了を迎えた11月16日から約1か月前の10月19日に「残り5話で終幕」ということが発表された際には、

《終われるのかってくらい伏線ありまくりなんだが》

《どうやって伏線回収して終わらせるつもりなんだろう…》

 と、残された謎があまりにも多すぎることへ不安の声が上がっていた。

回収されなかった伏線に読者は置いてけぼり

 それでも、予定通りに最終回を迎えた『東リベ』。果たして、読者が抱えていた疑問は解消されたのか。ここでは、ネット上で特に話題となっている伏線や謎をピックアップして検証していく。

『東リベ』の主人公は、しがない26歳のフリーター・花垣武道(タケミチ)。彼はある日、中学生時代に付き合っていた恋人・橘日向(ヒナ)と、その弟・直人(ナオト)が犯罪組織の『東京卍會』(東卍)の抗争に巻き込まれて死亡したというニュースを目にする。その後、物思いにふけっていると、駅のホームで何者かによって線路に突き落とされ、電車に撥ねられて死亡……したかと思いきや、目を覚ますと、そこはちょうど12年前。つまり中学生時代に戻っていた――というところから物語は始まる。

 その後、“能力”に気づいたことから、ヒナたちを救うために、過去と現在を往来しつつ“未来を変える”ことに尽力するタケミチ。だが第1話に、連載終了後も残る謎が登場していた。「誰がタケミチを突き落としたのか」だ。物語の根幹をなす事件だけに、犯人は作中ではっきりと明かされる、と思われていた。

 第8話では、タケミチの親友の千堂敦(アッくん)が、「線路にタケミチを落としたのは自分だ」と、東卍の主犯から脅されて、犯行に及んだことを自白する場面がある。これはタケミチがタイムリープで過去を変えたことにより、自分やアッくんらの仲間が“東卍入り”したことで起きた話。第1話の時点での現代では、アッくんは東卍に深く関わっていないはずなのだ。

 タイムリープ前、タケミチを突き落とした犯人は誰なのか? SNS上では「アッくんは過去改変前の現代では末端のチンピラになっていて、どのみち主犯の指示でタケミチを殺すことになっていた」という説が囁かれている。確かにそれなら矛盾はないが、作中では明確な説明がないまま完結を迎えた。

 アッくんは、もともと親友を殺す運命だったのか……真相は藪の中だ。