11月24日、日本野球機構(NPB)は守備位置ごとに、その年にもっとも活躍した選手を表彰する“ベストナイン”を発表。セ・リーグからは、史上最年少三冠王のヤクルトの村上宗隆三塁手や、リーグ1位の勝利数と防御率を誇った阪神の青柳晃洋投手が選ばれたが……。

今季リーグ4位でBクラスに終わった読売ジャイアンツ(以下、巨人)からはゼロ。これまで5年連続で選出されていた坂本勇人選手も選外となりました。彼は2006年のドラフト会議で巨人に外れ1位で入団して以降、遊撃手として好打攻守の活躍。2015年のシーズンから26歳の若さでキャプテンを務め2020年には2000本安打を達成した選手でしたが、今シーズンはケガで離脱して成績を落とすなど、チームに貢献できませんでしたからね」(スポーツ紙記者)

 ケガ以上に周囲を落胆させたのは、今年9月に文春オンラインで報道されたスキャンダルだろう。

「記事によると、彼は2年以上前に、親しい関係だった20代女性・Aさんに対して、身体的苦痛を伴う暴力的なプレイや避妊具なしでの性行為を要求。Aさんが妊娠した際も中絶を迫っていたことが発覚したんです」(同・スポーツ紙記者)

 記事では坂本選手とAさんのLINEでのやり取りを公開。“髪もひっぱりたい”や“はいしかいっちゃだめ”など過激な要求に加え、遅刻したAさんに”今日けつなあな確定な”(原文ママ)など、グラウンドで見せる爽やかな姿からは想像もつかないような、ダークなやりとりが見受けられた。

「衝撃的な報道でしたが、巨人側は“示談で解決済み”として、坂本選手に対してシーズン中の2軍降格や出場停止などの処分は下さず。坂本選手自身も謝罪会見などは行いませんでした」(同・スポーツ紙記者)

ファンフェスで騒動後初のファン交流

 実質、お咎めなしの処遇にネット上では、

《芸能人なら解雇だよ》

《球団側も甘やかせすぎ》

 といった、非難の声も少なくない。

 そんな逆風の中、11月23日に東京ドームで巨人の選手と交流できるファンイベント『ジャイアンツ・ファンフェスタ 2022 supported by DAZN』が開催された。グラウンドを開放し、サイン会や選手とのキャッチボールなどさまざまな交流が行われる中、坂本選手はドーム内のコンコース上で、来場者とガラス越しではあるものの、間近で交流できるミーグリ(ミートアンドグリート)に登場。笑顔で手を降るなどファンサービスを行っていた。