事件発生から半年あまりがたっていた。

「埼玉県朝霞市にある内装会社のプレハブ建物が全焼し、中から同社の社長が遺体となって発見されたのが、5月14日のことでした」(全国紙社会部記者)

 亡くなったのは、『長葭内装』代表の長葭(ながよし)良(りょう)さん(43)。殺人事件として捜査を続けていた埼玉県警は11月20日、内装業の大木渉容疑者(37)と元内装工の大西寿貴容疑者(31)を逮捕した。

「犯行の手口は、あまりにも残虐でした。

 長葭さんの遺体上半身には複数箇所の骨折があったことから、工具などで何度も殴られたとみられます。しかし、死因は焼死。司法解剖で、炭化した遺体の肺からは一酸化炭素を吸い込んだ“すす”が検出されました。つまり、容疑者たちは長葭さんを鈍器で殴った後、内装会社の建物に火を放ち、まだ息のある被害者を殺害したのです」(同・記者)

 長葭さんと2人の容疑者は、事件が起こる前日の夜から仕事をして、明け方に会社内の事務所で解散。その後、容疑者らは再び事務所を訪れて犯行に及んだとみられる。

容疑者らに“日当の未払いがあった”

「長葭さんと容疑者2人は、仕事を発注する“元請け”と発注された仕事をこなす“下請け”の関係。今年1月に知り合ってから、仕事をするようになったようですが、容疑者らは“日当の未払いがあった”と供述しています。

 証拠を隠滅するために火をつけた可能性もありますが、そうとうな恨みがあったようにも感じます」(同・記者)

 年齢も違えば、住む場所も違う3人の共通点は、同じ内装業ということだけ。命を奪うほどまでに、容疑者らは金銭的に困窮していたのか。