東京・港区元赤坂に広がる緑豊かな赤坂御用地─その一角にある地上2階、地下1階の鉄筋コンクリート造りの建物が“新・秋篠宮邸”だ。

「秋篠宮邸は、'72年に完成した旧秩父宮邸を増築した建物で、今年で築50年。配水管などの老朽化が進み、'06年と'11年に改修が検討されたものの、社会情勢を鑑みた秋篠宮さまのご意向により、見送られてきました。

 令和へのお代替わりに伴い、秋篠宮さまは皇位継承順位1位の『皇嗣』に。宮邸での公務や職員の数が増えることを受けて、'20年3月から今年9月にかけて大規模な改修工事が行われました」(皇室担当記者、以下同)

紀子さまが“金”を要求された?

 11月22日、完成したお住まいの一部が、メディア向けに公開された。延べ面積は、これまでの約2倍の2972平方メートル。総工費は30億円を上回り、仮住まい先の御仮寓所の建築費を合わせた総額は約40億円にも及ぶ。

「改修コストの原資は国民の税金のため、宮内庁は“経費節減”や“再利用”をアピール。大食堂のシャンデリアや黒大理石の棚、手縫いの絨毯は、もともと使っていたものを使用しているとの説明がありました」

 ちなみに、天皇家の御所の改修工事は約9億円だった。

「秋篠宮邸に高額なコストがかかった理由について、適切な説明がなされなかったことに世間から疑問の声が上がっています。工事中には、紀子さまが“金やイタリア製の大理石を使ってほしい”とご注文したと、一部で報じられたこともありました。真偽は定かでないものの、公開された部屋には金びょう風や大理石を用いたスペースもあり、“これが例の……”と、勘ぐってしまう人は少なくなかったかと」

 長女・眞子さんと小室圭さんの結婚騒動以来、逆風に晒され続けている秋篠宮ご一家。

「世間からの厳しい視線をものともせずに、ひたむきに公務をこなされているのが、次女の佳子さまです。コロナ禍の影響もあり、昨年まではお出ましの機会がそれほど多くありませんでしたが、今秋の“公務ラッシュ”には目を見張るものがありました」