“伊代はまだ……”と歌ったのは41年前のこと。現在、“少女”は57歳になっている。

「松本伊代さんがTBS系のバラエティ番組『オオカミ少年』に出演。クイズコーナーで不正解となったため“落とし穴”に落とされ、腰椎を圧迫骨折する重症を負いました。しばらく立つこともできない状態で、現在は入院中とのことです」(スポーツ紙記者)

「元どおりにならない」

 松本は“深さ2.7メートル”の穴に落下したという。穴にはクッションのため、ウレタンを敷き詰めていたというが……。

 TBSは《怪我をされたことに対し、松本伊代さんをはじめ関係者の皆さまにお詫び申し上げます》と謝罪。また、事故の経緯について以下のように説明している。

《この企画は過去に2回行っており、今回も事前にシミュレーションを繰り返し行い、着地する場所にはウレタンを大量に敷き詰め衝撃を吸収するなど安全対策に努めておりましたが、このような結果となり、大変申し訳なく思っております。今後、同様のことが起こらないよう、番組制作に際しての安全管理をさらに徹底してまいります》

「くり返し行ったというシミュレーションですが、“実験台”はおそらくAD。そうなると20代、年齢がいっていたとしても30代でしょう。そのような若者と57歳の女性を同じように考えるべきではないですよね……」(芸能プロ関係者)

 腰椎圧迫骨折とはどのような骨折か。TBSによると全治は3か月と発表されている。

「元どおりにはなりませんよ」

 腰椎圧迫骨折についてそう話すのは、医学博士の岡田正彦氏。中高年の女性を数多く診察し、圧迫骨折の症例を多数診てきた。

「腰の骨(腰椎)というのは、横からみると丸い缶詰のような形の部位と突起で形成されています。それが積み木のように5個連なっている。そしてバラバラにならないようにお互いが靭帯で結ばれています。腰椎と腰椎の間には椎間板というクッションがあります。これによって人間は柔軟に身体を回転させたり曲げたりできるわけです」(岡田氏、以下同)