2020年12月31日から活動休止中の超人気アイドルグループ・

 リーダーの大野智(41)を除いた4人はそれぞれソロとして変わらず活躍中だ。11月には二児のパパとなり、グループの垣根を超えたメンバーで運営するYouTubeチャンネルも好評の二宮和也(39)。そんな二宮は24時間テレビ(日本テレビ系)でも変わらぬ体型を維持しつづけ、嵐時代のイメージのままだ。

 その一方で、体重の増減のせいか、顔が丸くなったり、スマートになったりする印象の櫻井翔(40)は映画やMCと相変わらず多忙そうなことが伺える。

 また、映画『“それ”がいる森』で迫真の演技を見せていた相葉雅紀(39)と、女優の井上真央と年内入籍の噂も囁かれる松本潤(39)は、二宮と同様に体型はスリムなままだ。しかし、それぞれ1999年のデビュー当初の初々しい姿から、20年以上経った今ではそれなりに円熟味も増し、時に「劣化した?」などとSNSをにぎわすこともある。

 とはいえ、今や芸能界は「イケおじ」の時代。アラフォー以降も本領発揮と言える彼らの中で、いちばん若々しく、イケおじへと進化しているのは誰か。

 美容整形外科『高須クリニック』の若佐医師に若見えポイントやアンチエイジングのコツを伺いました。

嵐の5人、「イケおじ」へと進化しているのは誰?

回答者:美容整形外科『銀座高須クリニック』若佐文医師

――実は『週刊女性PRIME』では以前、「松本さんの肌荒れ問題」を扱ったことがあるのですが、最近では肌荒れよりも少しふっくらしたかなと。相葉さんも一時期少し太ったように見えましたが……。

若佐先生「太ることは、実は肌のハリには悪くないんです。いわゆる、クッションの中身になるので、痩せるほうがシワっぽく、たるんとなります。それよりも気になるのは、現在活動中のメンバーのお口元です」

――口元?

若佐先生「そう、例えば相葉さんは、若い頃からほうれい線が顔に出やすいタイプです。これは口角下制筋という筋肉が強いために口角が下がりやすいことが原因です。

 にっこり笑ったとしても、口角が下がりやすく、ほうれい線とマリオネットラインがつながり、長くて深いほうれい線に見えてしまうタイプです

――口角って、表情クセではなく筋肉のせいもあるんですね

若佐先生「そうなんです。口角を下げる筋肉は広頚筋も関係しています。筋肉の影響で口角横のマリオネットラインから、フェイスラインから首にかけて下に引っ張られて、四角い顔面が形成されていきます。

 フェイスラインが今までV字だったのが四角くなっているので、可愛らしいお顔立ちの相葉さんですが、これは少し老けて見える原因になるかも

――ほうれい線・口角・マリオネットライン! たしかに口元って大事ですね。

若佐先生「口元が若々しいと、お顔の全体の印象が若く見えますから。それと今回40歳前後になった彼らを見て思ったのは、ジャニーズ全般に言えることですが、ニキビ跡のあるメンバーが多いですね。若い頃から忙しく、お化粧や強い照明にさらされ、肌を休める時間がなかったのかもしれません。今からでも毛穴やニキビ跡ケアにチャレンジしてほしいです

――たしかに、女性でも毛穴がきれいだと肌が清潔に、きれいに見えますね。毛穴やニキビケアでおすすめの施術はありますか?

若佐先生「ニキビ跡にはYouTuberのヒカルさんもやっている、ダーマペンを使った“ヴァンパイアフェイシャル”がオススメです。毛穴にもダーマペンを使ったベルベットスキンがおすすめです」