11月28日、敗血症のため渡辺徹さんが61歳でこの世を去った。

「11月19日のブログでは、秋田県で『心臓病とともに元気に生きる』という講演会のゲストとして出演したことを報告していましたが、翌日に発熱、腹痛などの症状が出たため検査をした結果、入院することに。妻の榊原郁恵さんは舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』に出演中でしたが、夫の最期には立ち会えたそうです」(スポーツ紙記者)

30歳で急性糖尿病を発症

 '80年に文学座の養成所に入所。翌年に団員になると、すぐさま人気ドラマ『太陽にほえろ!』(日本テレビ系)の新人刑事・ラガー役で俳優デビュー。180センチの長身と甘いマスクで、翌年には歌手デビューも果たすなど、アイドル的人気を博した。

「'84年放送の日本テレビ系ドラマ『風の中のあいつ』で共演した郁恵さんと、4年の交際を経てゴールイン。渡辺さんは実家の自室に郁恵さんのポスターを貼っていたり、初めて買ったレコードが郁恵さんの『ラブリー・ポップ』だったりと、デビュー前からの大ファンだったんです。今流行りの“推しとの結婚”のはしりともいえますね」(同・スポーツ紙記者)

 デビュー当時は69キロとスリムだった渡辺さんだが、マヨネーズを直接飲むほどの“マヨラー”ぶりや暴飲暴食がたたって、結婚したころには130キロまで体重が増加。

「郁恵さんの管理もあって結婚後に多少は痩せたものの、30歳のときに急性糖尿病を発症。食事療法や月1回の検診を続けていましたが、高カロリー生活はなかなかやめられなかったようで、昨年は大動脈弁狭窄症の手術を受けるなど、病と闘い続ける半生を送ることになりました」(ワイドショー関係者)

 病気と向き合うようになり、自身の考え方にも変化が表れ始めた。

「結婚直後にドラマで続けて夫婦共演をしたときに“仕事とプライベートの境目がなくなる”と痛感したそうで、その後はバラエティー番組を含めて数えるほどしか共演していないんです。しかし'12年に虚血性心疾患で入院した際、献身的に支えてくれた郁恵さんを見て、“家族に恩返しをしたい”と考えるようになり、家族共演を解禁したんです」(芸能プロ関係者)