メンディーが坊主にした切実すぎる理由

 実は、この取材が行われたのは、メンディーの誕生日(1/25)前日。“明日、誕生日ですよね”と伝えると、メンディーを除く全員「おめでとうございます!」

関口メンディー
撮影/佐藤靖彦 スタイリスト/松川総(Tron)  ヘアメイク/桜井円、出澤美香(BEAUTRIUM)

メンディー「ありがとうございます(笑い)」

涼太「38歳でしたっけ?(笑い)」

メンディー「24歳だよ!! もしかして、サプライズイベントとか考えてる?」

「……僕の家でゲームしましょう(笑い)!」

 ちなみに、メンバーの誕生日はいつもお祝いしているの?

龍友「この前の僕の誕生日(12/28)は、してもらいました。メンディーくんの部屋でゴハン食べていたら、続々とみんな集まってきて。たまに、みんなで話をしていて、涙が出るくらい笑えるときがあって。そのあとの余韻を感じているときに、メンバーのこと好きだって思います」

玲於「そういえば、隼の誕生日(6/13)に“イェ~イ!”って、家に乗り込んでいったら、隼しかいなかった(笑い)」

「そうそう。日付が変わっても、誰からも“おめでとう”メールが来なくて、自分からしました。“10代最後なんで、全力で頑張ります!”って(笑い)」

亜嵐「ごめん、ごめん(笑い)。12月と1月生まれが4人、8月生まれが2人っていう中で、隼の誕生日だけ離れているんだよね」

涼太「今年の誕生日は、ツアー中の海外でお祝いできるかもね」

 隼の誕生日がスペシャルなものとなりそうな今年は、グループにとって、さらに飛躍するための勝負の年と語ったメンバーたち。

メンディー「年明けに、気合入れて坊主にしました。GENERATIONSの正念場なのと、昨年から加入したEXILEのテーマが“原点回帰”なので原点に戻ろうと思って。でも、HIROさんから“回帰もなにも、始まったばかりだ”って、ツッコまれて、何も言えなかったです。確かにそうなんですが、気合は十分入っています!!」