質問3:どうして○○ちゃんの家はお金持ちなのに、うちは貧乏なの?

20150602 kodomonogimon 6090 (4)
ダニエル・カールさん ●タレント、山形弁研究家などマルチに活躍。22歳の息子がいる

「お金は仕事をして稼ぐもの。仕事が違うと給料も違うから、お金持ちの人も、貧乏な人もいるんだよ。人生でいちばん大切なことはお金の有無でなくて、たくさんある仕事のなかから自分にピッタリのものを見つけること。だから給料が少なくて貧乏でも、仕事にやりがいを持てれば、それは大きな幸せなんだ……。

 というように、子どもたちは想像できる話のほうが理解しやすいと思うので、僕なら自分の父の話をします。父は"町のために貢献したい""町の人を助けたい"という気持ちが強くて、消防士になりました。ただ、給料がめちゃくちゃ安いんです。それでも生活しなきゃならなくて、でもやりがいのある仕事を変えたくない……と、大工のアルバイトをしながら消防士の職務を全うした。お金持ちかどうかは、そんなに気にすることねえんだよ、って教えてあげて!」(ダニエル・カールさん)

「"それぞれやっている仕事が違うから。お父さんはやりたい仕事に就いてそこで感謝されてお金をもらう。お父さんが外で頑張っているおかげで、みんなこの家で暮らしていける。仕事ってお金だけじゃない。みんながいちばん儲かる仕事を好んで選ぶとは限りません。お父さんがやりたい仕事で頑張って、いただいたお金で暮らしているのだから、鉛筆でも何でも粗末にしちゃいけない。ものを粗末にすれば、お父さんを粗末にしていることになってしまうの"と伝えましょう。

 最近、ニートや引きこもりが問題にされますが、アルバイトなどの働いた経験がないのも原因のひとつ。私は、子どもに"お小遣いを貯めなさい"と言います。お風呂掃除を毎日やったら月1000円、洗濯物をたたんだら1000円。そんなお駄賃を貯めて自分で欲しいものを買えるようにさせたいからなんです。お金は自分が役割を果たした時にもらえるもの。報酬と同時に"ありがとう"と感謝される喜びも学んでほしいですね」(晴香さん)

20150602 kodomonogimon 6090 (3)
カルーセル麻紀さん ●女優、歌手。ゲイブームの先駆者

「私も昔は貧乏だったわ。家出してひとり暮らしをしてたときも貧しかった。でも、不思議とそれはそれで楽しかったのを覚えてる。どうしたらお金持ちになれるかって? 私はとにかく一生懸命働いただけ。

 40年前に今住んでいる家を買ったんだけど、そのときまでいっさい貯金をしたことがなかったの。でも、現金が必要だったから、とにかく必死で働いて1年間で7000万円貯めたのよ。

 お金はなくても不幸とは限らないけど、お金はないよりもあったほうがいい。今でも、毎年パリに買い物に行くために必要なお金を稼いでいる。そして思いっきり1年分の洋服を買うの。もう、そのために生きているようなものよ。人間、目的があれば必死になれるのよね」(カルーセル麻紀さん)

 


イラスト/本山浩子、てい先生イラスト/きくちもも