――加藤さんにとって2人目にあたるお子さんが、今月出産予定ですよね?

「……あの……いま、話し合いが進んでますので……」

 ステージでは熱のこもったパフォーマンスを見せる加藤だが、質問に答える声はハリがない。それでも逃げることなく向き合ったのは、ファンモンのヒット曲『ちっぽけな勇気』を思い出したのだろうか。加藤は、《引っかかってんなら変えてこう 一歩ずつ前へと》と歌っていた。

――母親は奥さまでなく、“Aさん”という方ですよね?

「ちょっと当人同士で……話し合いは、え~……させてもらってまして……。ンッ(咳き込み)、また、何かしらで、こちらから発表はさせていただこうと……」

――Aさんは、アンタッチャブルの柴田さんの元奥さんですよね? 出会いはどういった経緯で?

「僕からはちょっとそれは……。あの、発表は控えさせていただこうかなと思います。また必ず、何かしらの形で……(発表)させていただきますので……」

――お相手のAさんには、「なんとかする。こまめに連絡するから」と言ったそうですね? しかしその後、連絡がとれない時期があったと聞きました。

「あの……いま話し合いをしていますので……」

――高額の慰謝料をお支払いになったそうですが。

「そうですね、あの……ちょっとまた……改めて発表させていただきます」

――発表されるのはいつごろになりそうですか?

20160621fankyshibata_2
直撃時、驚いたというより、観念したような表情を見せた加藤。終始、口調は重かった

「なるべく早めに。必ず……」

――加藤さんご自身の口で発表するのですか?

「……はい、そうですね。必ず……させていただきます」

 最初から声はかすれがちだったが、話しているうちにさらに音量が下がっていった。

――生まれてくるお子さんの認知はされるんですか?

「……それも含めてまた、発表させていただきます……。スミマセン……」

 最後は消え入るような声で答えながら、犬の散歩を途中でやめ、自宅へ戻っていった。

 加藤は別の日には車で外出している。子どもを抱きかかえ、ベビーカーを持って出かけていった。妻も一緒に買い物へ行ったようだが、家庭に不協和音が生じている様子は見えなかった。

 今回の不倫、そしてAさんの妊娠について加藤の所属事務所に問い合わせると、

「本人より、不倫関係にあった女性との間で子どもを妊娠し、認知するという報告を受けております。先方さまとは弊社も含め、誠心誠意、対応させていただくべく、すでに話し合いを進めさせていただいております。ファンのみなさまには大変なご心配をおかけしますことを、心よりお詫び申し上げます」

 大人たちの事情とは関わりなく、新しい生命は間もなく誕生するだろう。加藤は歌を通じて、新しい愛の形を表現するのだろうか。