“汚部屋オンナ”の人物像とは

女性住人の汚部屋の例

「汚部屋」と聞くとアナタはどんな部屋を想像するだろう? おそらくニュースなどで取り上げられるゴミ屋敷などは、お茶の間に流れても許されるレベルのものだ。

 本当の汚部屋・ゴミ屋敷とはそんな生半可なレベルではない。片づけ専門の清掃業者に潜入し、実際にいくつもの現場に足を踏み入れた村田さんに話を聞いた。

「僕が実際に働いたのは約2年間。雑誌の企画として持ち込み、ゴミ屋敷取材のために清掃業者に同行取材をお願いしたのが始まり。その後はスタッフ登録をして、数々の現場を見ることになりました。

 汚部屋の住人は女性が多いと言われていますが、僕の感覚値でも6:4くらいの割合で女性が多め。看護師さん率が高いですね。実際に清掃業者を頼むのは安くない。彼女たちは高給取りのうえ、多忙。なので、そうなりがちなのかもしれませんね。

 汚部屋の傾向として、女の人の場合は“強烈に汚い”人が多い。食べ物を腐らせたり、使用ずみの生理用品をそこここに貼ったりしたりね。男性の場合は本などを集めてしまう“コレクター系”が多い。

 汚部屋、ゴミ屋敷になるきっかけはいろいろあると思いますが、女の人だとゴミ出しをしたときに、分別について近所から怒られたりして、それからゴミが出せなくなって……という話も聞きます。

こんなオンナが汚部屋の住人!! ちゃんとした職があり、メイクやヘアはキッチリ。しかしバッグの中はグチャグチャで、甘いようなカビの香りがほのかに漂う

 どちらかというと内向的でナイーブな方も多い。孤独だったり、病的に片づけが苦手だったり……。確かにだらしない人も多いのですが、誰かが叱ってあげたり、寄り添っていたら汚部屋にならなかったケースもあるかな、と感じます。

 また高齢化が進んで、認知症の老人が自宅をゴミ屋敷にしてしまうケースも増えています。

 汚部屋を片づけていると、最初は暗かった住人も次第に明るい表情になっていくんですよ。それが一番うれしいですね。

 部屋が片づけられないことは欠点だけど、片づけられないことで人格すべてが否定されるわけではないのです。これを読んでいる人の中にも、実は部屋がスゴイことになっている人もいるのでは? すでに自分でなんとかできない人は、業者に頼ってみてもいいと思いますよ!」

※村田氏が潜入した衝撃の汚部屋オンナたちの実態は、このあと2回に分けて公開します。

◎村田らむ/ライター、イラストレーター、漫画家。汚部屋やホームレスなど、ディープな潜入取材が得意。『孫の手』での体験をまとめた『ゴミ屋敷 奮闘記』(有峰書店新社)が発売中。

◎村田氏が潜入した清掃業者「孫の手」
ゴミ屋敷片づけ、汚部屋清掃の専門会社。ただ片づけるだけではなく、「話を聞いて癒してあげたい」がモットー。http://narabiya.p-kit.com

インタビュー・文/アリス美々絵、イラスト/村田らむ