東京オリンピックに大きな影響力を及ぼすと見られる小池百合子都知事
すべての写真を見る

「構想は同年の春ごろには練っていたといいますから、さすがの“先見の明”ですね。’20年に新ユニットをデビューさせるみたいで、ジャニーズJr.の発掘にご熱心。

 そうそう、『2020』舞台には組織委員会会長の森喜朗元首相も招待、特別にオリンピックをイメージした演出に変更されたそう」(芸能プロ幹部)

 世界中に発信される、もっとも注目される開会式に携わることが、ジャニー社長にとって最大の野望なのかもしれない。

 '20年に向けての4年間、本大会だけではなく各種イベントなど、ますます盛り上がっていく東京オリンピック・パラリンピック。今回、TOKIOを選んだ東京都オリンピック・パラリンピック準備局総合調整部連携推進課は、

「事業ごとに検討していますので、いろいろなイベントが行われていき、そのたびに最適な方にお願いをしていくことになります。

 今回はフラッグツアーという事業ですから、どういった方に来てもらうと盛り上がるのか、と選定しました。TOKIOのみなさんは幅広い年齢層から人気もあり、いろいろな現場を回っていらっしゃいますので」

 では“日本の顔”になる公式サポーターの選定は?

「今のところ東京都では予定はありません」(同課)

 主役はあくまでも選手だが、ここでも白熱した競争が起きそうだ。