本人のインスタグラムには、見栄えがよく食欲をそそる料理が並ぶ
すべての写真を見る

「火加減をうまく調整していたところですね。普通の人だと強火や弱火のまま炒めて、火加減はあまり気にしないです。フライパンの音が大きくなってきたら火を弱めて、小さくなってきたら火を強めなければなりません。

 そういうことができていたんです。ご家庭できちんと料理を作って食べている人だと思いましたよ」(落合氏、以下同)

 付け焼き刃ではない、日々の積み重ねがその細腕に宿っているのだ。そして、こんな秘話も明かしてくれた。

「料理好きを公言するタレントさんが実際に作っているところを見ることも多いのですが、“本当に料理を作っているのか”と思うほど、全然できない人もいるんですよ。そういう方に対して、“ローラさんはもっとうまかったぞ”と言ってあげたくなりました(笑)」