大谷亮平 撮影/高梨俊浩
すべての写真を見る

女性を奪い合った経験は……?

 これまでに女性を奪い合った経験は……

「ありません(笑)。友達と同じ人を好きになった経験はありますが、すぐ引いてしまうタイプだったなぁと今思い出しました。そこで自分から突っ込んでいったり、勝負するということはなかったです、僕は平和主義者なので(笑)」

 逆に大谷さんをめぐって女性が争ったことはあるのでは? と聞くと、「若いときはあったかもしれないですね」と濁しながら笑った。

 ドロキュンたっぷりな展開で、新たな“大谷亮平”が見られることを期待しています!

「男として苦しいだろうなと思いながら信という役を演じています。ただのドロドロや嫉妬だけじゃ収まりがつかないようなパワーを秘めているドラマなので、楽しみにしてください!」

 2017年、もっと極めたいと思うことは? と聞くと、

「初出演映画『神弓─KAMIYUMI─』(2011年)で暴れ馬を乗りこなす撮影以来、馬が大好きになったんです。監督から“馬に乗る人生と、乗らずに終わる人生は違う”と言われて、そのときは何を言ってるんだと思っていたんですけど(笑)、実際に乗ってみると本当に面白いんですよね。いきなり座り込んだり草を食べ始めたり……予測できない動きをする馬を乗りこなせるようになりたいです!」