怖い母役が話題!

 そして現在、複雑に絡んだ母と娘の愛憎を描いたドラマ10 『お母さん、娘をやめていいですか?』(NHK総合 金曜 夜10時〜〈連続8回〉)に出演中。演じるのは主人公の美月(波瑠)の母・顕子。娘への惜しみない愛がやがて暴走するモンスターのように。その異様な姿が、はっきり言って怖いのだ……。

「私自身も“こんなことありえない!”って思うことがたくさん起こります。でも、顕子の周囲を振り回す力みたいなものが、ドラマを動かしていく役割を担っている。なので、喜怒哀楽の狂気と、ある意味の過剰さを最後まで楽しみながら演じました」

斉藤由貴 撮影/伊藤和幸

 娘に執着する顕子の姿がまるでホラーと話題に。娘の美月とは親友のように仲よしの顕子。いちばんの理解者? と思いきや、娘のデートを尾行する異常行動を。さらに、美月が松島(柳楽優弥)と交際を始めると、彼を誘惑し三角関係に……。

「私自身も怖い人と思われたらどうしよう(笑)」と演じた斉藤も怯(おび)える(?)顕子の暴走から目が離せない!

 撮影は名古屋で。週末に集中的に撮影し、平日は家庭に戻り子どもたちと触れ合う多忙な日々を送った。そんな中、ふと人生について思うことが。

「お仕事にしても私生活でも、そのとき自分に訪れたものを大事にしようって。

 人生って計画的ではなく、雑多な感じがいいんだと思うんです。思いどおりにいったり、失敗したり、ドタバタしながらも最終的には結論なんてなかった。人生、肩ひじ張らずに、流れに身を委ねて生きようと思います」