ビールで太るはホント?
すべての写真を見る

 間違っていて嬉しい都市伝説があります!

20分以上運動しないと、脂肪は燃焼しない!

 喜んでください、都市伝説です。5分でも10分でも運動すれば、脂肪は燃焼されます。科学的に証明されているので、スキマ時間に運動を!

スポーツマンが運動をやめると、筋肉は脂肪に変わる!

 ご安心ください、デマです。筋肉は脂肪に変化しません。太るのは、運動しなくなっても食事量を減らさない人です。消費カロリーを減らしたら、摂取カロリーも減らすこと。

炭酸ジュースの飲み過ぎで、歯が溶ける!

 絶対に溶けないとは言いませんが、ほぼ影響はありません。炭酸飲料は酸性で、PH5.5くらいです。歯のエナメル質はPH5.5以下で溶け始めますが、微量なので問題ありません。ちなみに炭酸飲料より酸性度の高い食べ物がたくさんあります。ワイン、ヨーグルト、野菜ジュース、りんご、スポーツドリンク、レモン、梅干し。数値的には、これらのほうが歯を溶かしそうですね。
 間違ってて嬉しい「太る」に関する都市伝説5!

肉を食べたら、太る!

 立派な都市伝説です。肉に含まれるLカルニチンは、脂肪燃焼をうながす働きがあります。逆に、体内の脂肪を燃やしてくれます。

ビールを飲むと、太る!

 太りません。ビールは、肥満の原因ではありません。ビールのカロリーの3分の2は、アルコール。アルコールは熱エネルギーになり、脂肪にはなりません。残りの3分の1のカロリーは、糖質です。350mlの缶ビール4本で、ご飯一杯分しかありません。晩酌で太るとすれば、原因は肴ですね。

寝る前の食事は、太る!

 迷信です。いつ食事をしても、太る原因にはなりません。食べ物は消化されるまでに時間がかかるので、寝ている間に脂肪にはなりません。食事時間より、食べる量が問題です。

水の飲み過ぎは、太る!

 水は0カロリーなので、いくら飲んでも太りません。一時的にお腹が膨らむだけです。

禁煙したら、太る!

 禁煙しても脂肪は増えません。健康になります。もし太ったとしたら、「禁煙 → 口が寂しい → 間食が増える → 太る」の悪循環でしょう。


 以上、健康と美容にまつわる都市伝説でした。
信じるものは救われると言いますが、調べるものは救われる……、のです。健康と美容は、正しい知識から!


<プロフィール>石澤義裕(いしざわ・よしひろ)デザイナー。1965年、北海道旭川市生まれ。札幌で育ち、東京で大人になる。出版社勤務、デザイン事務所、編集プロダクションなど複数の会社経営の後、2005年4月より建築家の妻と夫婦で世界一周中。生活費を稼ぎながら旅を続ける、ワーキング・パッカー。世界中の生の健康トレンド情報をビジネスライフで連載中。