僕と付き合う女性は、1つのアトラクションととらえてもらえれば(笑)

――恋愛についても聞かせてもらいたいんですが、恋愛をする場合は、自分がリードしたい? それともリードされるほうが楽?

平方 僕は案外、九州男児なんですよ。

――じゃあ俺について来いって感じ?

平方 と、思うじゃないですか。

浦井 九州男児ってそうじゃないの?

平方 違うんだよ。ついて来いって言ってるんだけど、実は全部、奥さんの手のひらの上で転がってるんですよ。だから、外では男を立てろって言うんだもん。

浦井 なるほどね~。

――平方さん自身も、女性に仕切ってもらったほうが楽みたいなところはある?

平方 でもね~、僕を仕切るってすごく大変だから(笑)。

浦井 だと思う。

平方 だから、出会ってくれた人はものすごく大切にしています(笑)。

浦井 アハハハハハ! でも、元基といたら日常が楽しくなると思います。簡単にスッといくよりは、少し大変なほうがいいんじゃないですかね、人生的には(笑)。

平方 うん。まあ、なんか1つのアトラクションととらえてもらえれば(笑)。

浦井 名言だね。“俺アトラクション”(笑)。

平方 最初は振り回されて楽しんでくれるけど、振り回され過ぎると途中からもうダメみたい(笑)。

浦井 やめてよ~って(笑)。

平方 俺、怒られてもあんまり気づかないし、ダメみたい普通の人は(笑)。

――(笑)すごく大人な女性じゃないとダメですね。

平方 ああ~、それ助かる(笑)。

浦井健治、平方元基 撮影/森田晃博
すべての写真を見る

――浦井さんは、恋愛は自分がリードしたい? リードされたほうが楽?

浦井 僕は一緒に遊べるタイプの人がいいですね。ともに歩むような。でも、ぶっちゃけ男が手のひらの上で転がされたほうが、家庭もうまくいくような気がする。

――好きな女性が現れたら自分からアプローチしますか?

平方 人によるかな~。

浦井 俺は即効で行っちゃう!

平方 あ、そう。でも俺もおしゃれに考えてる風にしてみたけど、だいたい行ってるんだよ、自分から(笑)。なんかもう、「逃すな」って思うもん。今だって思ったら行かないと。結果ダメでもね、逃すよりはいいかなと思って。

浦井 うん、女性に対して気持ちを言わないことって失礼だと思うし。キレイなものはキレイって言ったほうがいいと思う。

平方 素晴らしい! さすがだね。

浦井 でも、僕は褒めすぎて信用されなくなるタイプ(笑)。

――最後に、お互いは改めてどういう存在ですか?

浦井 弟です。戦友でもあるけど、弟。これからもたぶんずっとね、どこにいても弟として一緒にいる人なんだろうなって思います。

平方 お兄ちゃんだけどね、ある意味、神的なときもあるんですよ。自分が困ったときにパッと出てきたりすると。

浦井 アハハハハ!

平方 悟り開くのって僧侶?

浦井 僧侶とか仙人とか。

平方 健ちゃんは、いろんな見えないものが見えてるんですよね。やっぱり大きいの世界が。

浦井 そうでもないんだけど。

平方 お兄ちゃんなんだけど、もっとおっきくなっちゃってるんだよな、最近。
わかった! お兄ちゃんが仙人だったてことで、どう? ってことに今回の取材で気づいた。

浦井 ありがとうございます(笑)。