昇太のMusic history♪

――初めて買ったレコードは?

「小学生のとき、岡崎友紀さんの『おくさまは18歳』を買いました」

――中学ではブラスバンド部だったとか。

「そうなんです。でも、楽譜が読めずに指だけで覚えて吹いていました(笑)」

春風亭昇太 撮影/竹内摩耶

――勇気づけられた曲は?

「もんたよしのりさんの『イエス・イエス・イエス』とSHOGUNの『男達のメロディー』。噺家になるのってすごく勇気がいることで。当時、背中を押してもらいましたね」

――『笑点』の前によく聴く曲は?

「荒木一郎さんの『ジャニスを聴きながら』ですね。荒木さんが好きなので、本番前に聴いて癒されています」

――ライブは?

「最近は“人間椅子”のライブに行きます。昔から好きなんですよ」

――失恋ソング、教えて!

「スピッツかな。失恋に限らず、いい曲が多いのでよく聴いてます」

<番組情報>

『三宅裕司と春風亭昇太のサンキュー歌謡曲一座 ~ナウなピースでこまっちゃうナ~だめだこりゃ編~』
11月12日(日)夜7時~9時54分(フジテレビ系)

 あのヒットソングの誕生秘話や当時の芸能界裏話が盛りだくさん! 一緒に司会を務める三宅裕司はドラムを披露!! 山本リンダや小柳ルミ子ら「本人」が懐かしのナンバーを歌うほか、メドレーやカバー、さらには夢のコラボ企画も。

(c)フジテレビ